アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

ダメちゃん

f:id:harienikki:20190927230829j:plain

(2019年8月5日 アルツハイマー認知症の診断から約12年6ヶ月) 

 

おいおい…、おママよ。何を言うんだ⁉️

9月6日の昼食後、

私が不覚にもダイニングテーブルに俯して爆睡していると、遠くから声がした。

「ダメちゃん」

「ダメちゃんよ〜」

声は近づいてくるのです。

おママですね。

たしかに、子供の頃の私はおママからすれば「ダメちゃん」ですが…。

今の今。現時点であからさまに言われてもね。(°_°)

 

私はまだ覚めきらない意識の中で子供の頃を思い出していました。

 

御期待に添えず申し訳なかった。

私はオネコと違い勉強はイマイチ。体育も音楽もカラキシ駄目でした。オネコは万能でそれらの上に美術の成績も良かったのです。

おまけに私は生まれつきの近視で耳の聞こえも悪い。

同じ親から生まれた姉妹なのに、なんというスペックの差でしょう。

 

(おそらく親からしたら、全く物足りない子だろうよ)

小学生の頃には、そう自覚しておりました。

それで高学年の時に、私は思い切っておママに聞いてみました。

「お母さん、私の事かわいい?」

「可愛いわよ。」

見え透いた事を軽く言われても嬉しくないよ。

「私は目も耳も悪いし、勉強は出来ないし、殆ど見所がないじゃない?」

すると、おママは私の顔をじっと見つめてから、カラカラ笑いながら言いました。

 

「馬鹿な子ほど可愛いと言うじゃないか〜。」

 

その少し芝居掛かった言い回しに私も思わず吹き出しました。

「やっぱり〜。」

 

この時、私はそれほど嫌な気はしませんでした。

しかし後年、嫁いでから私はこの話を義母のクレバアにしたら、

「我が子にそんなこと言うなんて‼️あまりにひどい‼️」

と、我が事のように憤慨していました。

私は事実をありのままに受け止めていたけど、世間からしたら、私は母親から酷い事を言われたのかしら?

 

f:id:harienikki:20190928032937j:plain

そういう事でしたか。(^。^)

つらつら思い出していたら、おママはまだ「ダメちゃんよ。」と言っています。

そして、おママは私の背中を撫でながら

「そんな、ダメちゃん」

「こんなことしてたら、ダメちゃんよ〜。」

嗚呼。

50を過ぎてもまだ母親に「ダメな子」と言われたのかと思ったら、

(エアコンの下で眠っていたら、風が当たって冷えちゃうからダメよ〜)

と言いたいところを、

「ダメちゃんよ〜」

になったのね。

 

おママよ。

不肖の娘ですが、

心配してくれてありがとうね〜。(^O^)

 

本日アップの貼り絵

おママのハサミの技術をもってしても、今回は手こずりました❗️

暑い夏に、すっかり意欲減退でぼんやり過ごしていたおママに、私は空になった可愛いティッシュボックスを手渡しました。

「一緒に可愛い図案を切り抜きましょう。」

でも、ママは謙遜しました。

「私はそういう事はできないんですよ。」

あれまぁ❗️よく言うよ…。

f:id:harienikki:20190927231823j:plain

それで、やってみたら、私よりは上手に切れるんですね…。まったく…。(^◇^;)

紙に厚みがあるから切るのも一苦労でしたが、よく頑張りました。

その後、切り抜いたパーツをハガキの上に並べて出来上がり❗️

f:id:harienikki:20190927231854j:plain

 おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。