アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

連作完成❗️

  2月になってからよく登場していた包装紙。

シックな地色に白いかすれたかすれた線模様が持ち味です。

 

 2月16日の昼前、おママはその模様に沿って、やたらチョキチョキしていました。

「全部、切ってしまうの?お気に入りの包装紙が無くなるわ。」
私が心配しても、どこ吹く風風です。

 

「いいの。切り抜きたいのよ。」

 

f:id:harienikki:20170325170110j:plain

     (2017年2月17日  診断から約10年)連作の1つ

 

 少し茶色に触れた煙たい灰色の、花びらかしら、

葉っぱかしら、ざっと20片以上出来ました。

 

(あれ、どうしたかしら?)
そう思いつつ、その日の午後は忙しくて、おママを構う事も出来ませんでした。


  翌日、実家でおママの作業机を見ると、例の紙片は跡形もありません。
「あら〜?おママが昨日たくさん切り抜いていたヤツはどうしたかな〜?」
私がぶつぶつ言っていると、

側で雑誌の写真を眺めているおママはキョトンとしました。


「なぁに?私はそんな事していないわ〜。知らないわよ。」
ちょっと不機嫌ですね。

おそらく切った事も貼った事もお忘れでしょう。

f:id:harienikki:20170325170358j:plain

<チョキチョキ中です。膝の上には切り抜く前の包装紙がありますね。

   作業机には切り抜きパーツがあります。>

 

  私は確信を持ってファイルを開きました。

有りました!

そこには前日2月16日とその日2月17日の日付が入って、

しかも4連作!


「有ったわ!すごーい!昨日いっぱい切り抜いた形を、全部使い切ったのね。」
私がおママを褒めたら、
「あら、そう?」
と、ようやく穏やかな笑顔になりました。

 

「私は何でも無駄にしないのよ。」

「…?」


  貼り絵のパーツについてかしら?

いえ、おママの頭では暮らし全般のお話にすり替わっているようです。
「そうですね…。」

確かに、おママは戦中戦後の物資乏しい時代に育ちました。

胸を張って、そう語るのは分かる…。

 

  でもですよ…。
口に出しては申しませんが…。
おママは食べ物をちょっとづつ残して、冷蔵庫の奥で干からびさせてますね〜。

それを捨てているのは、オネコと私ですが…。(笑)