アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

ばぁーー⁉️

   いつものように、ジジに頼まれた買い物をして実家に行きました。
今日は食パン1斤です。税込72円なり。 安い❗️
実家の近くに安い業販スーパーがあり、そこはジジのお気に入りです。

 

   それで例によって、おママに家計簿を付けてもらい、立替分をもらいましょう。
お財布を逆さにして小銭をじゃらんと出し、おママは言いました。
「72円はないわ。」
確かに茶色の10円玉は1個も有りませんね。
「102円頂ければ、30円お釣りを差し上げますよ。」
私が自分の財布を開いて30円出しますと、おママは小銭を数えます。

f:id:harienikki:20170325162551j:plain

                 (2017年2月10日  診断から約10年)

 

「小さいのが、ひぃ、ふぅ。大きいのが、ひぃ、ふぅ。はい、102円。」
あらっ?いつの間にか202円になってますね。(笑)

「それでは100円多いわ。」

混乱したおママと一緒に数え直しました。

1円玉が1つ2つ。100円玉が1つで、102円。」

「あーっ、そうか、そうか。」
おママは理解してくれたました。
さっきは1円玉を数えた時の『ひぃ、ふぅ』のリズムが100円玉にも影響したのね。

 

すると、おママが自嘲ぎみに言うのです。

「私…、ぁーー!になったみたい。」

ばぁー?

83歳ですから確かに「婆ぁーー!」ですわ。言うまでもない。

 

「えっ?ばぁーー?」
聞き返すと、おママは笑顔で頷きました。

ばぁーー!なの。」

私は腑に落ちません。何か言い間違いかも知れないわ。


ばぁーー!ではなく、パァーー?」

私がそう聞き返したら、おママは真顔になってしまいました。


パァーー?」
そう発音しながら、何かこの音に悪い引っ掛かりを感じているようです。


何度か「ばぁーー!」と「パァーー!」を繰り返してから、


ばぁーー!パァーー!どっちにしようかなぁ。」
と言うおママ。


   私は少々気が咎めました。要らぬ事を言ってしまったか…。
「どっちでも良いわよ。」
もう、忘れてください。


   婆ぁーー!だって、パァーー!だって、良かぁないです。

でも、その音に込められた微妙なニュアンスが、なんとなく分かるのですね。

嬉しい。
おママ、侮れません。

 

どっちですかって…⁉︎

まぁ、本人の前では言えませんが、
両方ですね。(笑)