読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

現物は分かるのにね〜。

 

f:id:harienikki:20170427000306j:plain

(2017年4月21日  診断から約10年2ヶ月   真ん中の大きなモチーフは昨日アップした貼り絵の家並⬇️と同じ包装紙から取ったようです。四隅の緑はリボンです。)

 

harienikki.hatenablog.com

 

 

   ジジはこのブログを楽しみに読んでおります。
おママの貼り絵をブログで紹介したいと、最初に言い出したのもジジでした。

89歳という年齢の割にはデジタルに強いのですが、
「印刷するんだ!」
と毎日プリントアウトに余念がありません。(笑)アナログだ〜。

 

  今朝、ジジがブログを開いてプリントしていると、
おママが1階のパソコン部屋に降りてきたそうな。
どうしたの?」
ジジが尋ねると、
ご飯はどうするの?」
と言いながら、印刷された紙を手にしたそうです。


(なんて言うかな?)
おママの発する言葉を楽しみにしていたのですが、

おママは自分の貼り絵の写真と記事をみて、

何の反応も見せずに去っていったそうです。

 

「分かっていて言わないのか…?
いや、自分のだとは分からないんだろうな…。」

 

  思うに、制作中以外は貼り絵のはの字も忘れているおママですから、

分かるはずもないのでしょう。


  それでも、一緒にファイルを開いて現物を前にすれば、まるで制作時の思いを記憶しているかのように、滔々と自作について語ります。

この時は自分で作った貼り絵という認識があるのです。


   一枚の用紙という2次元に封じ込まれると、

おママにとっては余計に自分とは遠い存在に思えるのでしょうね。