アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

おママの要介護認定 No.8

 

f:id:harienikki:20170919222947j:plain

(2017年7月27日  アルツハイマー認知症の診断から約10年5ヶ月)

 

 さぁ、見学です❗️
  私達はそれからデイサービスを3箇所見学しました。

日程調整などはケアマネージャーがして下さり、当日は施設から送迎のバスが出ました。本当に助かります。ジジとおママに付添いのオネコと私。

しっかり見学しました。

 

  一口にデイサービスといっても、3ヶ所ともそれぞれ工夫があり、全く違う感じを受けました。

あ、何が違うか…、ですね。

施設の雰囲気です。


3ヶ所とも施設の設備はキレイでした。スタッフの方々も感じが良く、利用者も皆さん穏やかでした。


のんびり和み系。

午前午後に体操を組み込んでいる身体を動かす系。

一斉に工作やレクリエーションを行う系。

どれも良いかなと感じました。

 

  しかし、現時点で3ヶ所とも、入浴サービスは定員一杯で無理というお話です。そうなると、施設の雰囲気にジジとおママが馴染めそうかどうか。これが重要なポイントだと思いました。

  夏でしたから皆さんと一緒に、おママに団扇工作をさせて下さる所もありました。知らない人達と一斉に作業を進めるのは、今のおママには大変だということも分かり、とても参考になったと思います。


  昼食の提供の仕方も違いがあるようです。

すでに詰めてあるお弁当が届けられる方法、

給食が届き施設で盛り付ける方法。

施設内で調理する方法。

どれも写真を見ると美味しそうです。

 

結局、決めたのは…。

  あれこれ考えた末に決めたのは、

午前午後に体操を組み入れて、軽い運動マシーンもある所です。

結果的には初心に立ち返り、ジジの運動機能をこれ以上落とさない為のプログラムを組んでもらえそうです。
おママも体を動かすのは大好きなので、体操は良いと思いました。

 

「出来そうな方にはお昼の配膳のお手伝いもして頂いてます。


見学の時に、利用者がご飯を盛り付けているのを見て、おママも何かお手伝い出来れば、気持ちに張りが出来るかもしれません。

 

そんなこんなで、私達はデイサービスを選びました。

 

おママの貼り絵を見て下さり、有難うございます。