アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

林檎を食べる

f:id:harienikki:20180207012938j:plain

(2017年12月31日 アルツハイマー認知症の診断から約10年10ヶ月)

暦の上では春です。

  まだ寒いけれど、陽は少しずつ長くなりました。暦と共に季節の流れを感じるこの頃です。

今のところ、ジジもおママも鼻は啜れど寝込むほどの風邪はひいていません。つくづく丈夫な二人です。ありがたいことですわ。

 

  昨日の昼に実家で林檎を食べながら、私はふと思いました。

「この冬も林檎をよく剥いて食べたね。」

ジジも「そうだね」と頷きました。

  実家では年末に親戚から、そしてジジの友人から、リンゴをいただきました。例年通りオネコと私もお裾分けを貰うのですが、多くは実家で消費します。おママは若い頃から果物好きです。一昨年くらいまではジジが頼めば剥いてくれたものです。でも、今シーズンは「林檎」自体が認識できない日もありますから、それも難しくなりました。

だから、この冬は私が実家に行った時に、せっせと剥いて食べてもらいました。

沢山あった林檎ですが、昨日箱を見たら残りは2つ。本当によく食べました。

 

 ⬇️こんな事もありました。

harienikki.hatenablog.com

 

林檎のおかげで

  私が昼食の準備をする頃、おママは大概頭痛を訴えます。ちょっとは私がお手伝いを頼むのですが、何もしないこともあります。そんな時、林檎を剥いて先に食べてもらうと気分も良くなるようです。林檎ってサッパリしますもの。水分補給にもなりますし。身体にも良いらしい。

「風邪をひかなかったのは林檎のおかげかもよ。」

私が言うと、ジジは首を傾げました。

「そうか…、鼻むずは出るけどね。」

「寝込むような風邪じゃないし。林檎食べると医者いらずとか言うわよ。」

今ひとつピンとこないようですが、ジジもおママも林檎をパクついておりました。

林檎って、美味しい…。

 

⬇️ を見てみると、やはり風邪予防になるそうです。

health-care-hc.net

  これだけが理由とは思わないけれど、林檎はジジとおママの冬の健康を支えていたと思います。林檎に感謝を込めて、ありがとうございます。

 

本日アップの貼り絵について

  昨年大晦日の作品です。この頃私は実家に行っていなくて、元は何だっったか、どこから切り取ってきたのか全く分かりませんでした。

ただ、いつも思うのですが、丁寧に切り抜きました。ハサミはやはり上手ですね。

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。