読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

2012年〜2015年ごろの話

記憶についてNo.13家族を忘れて⑥

(2014年11月25日 診断から約7年9ヶ月 このカニはどこから取ってきたのでしょう?他にも1作に使われております。) 前記事の続きです。長くなってすみません。 *オネコの印象は…。 オネコは花見の出来事と、その日の娘が分らなかった一件をジジや…

記憶についてNo.12 家族を忘れて⑤(2015年春以降)

(2015年11月28日 診断から約8年9ヶ月) 前記事の続きです。長くなってすみません。 *記憶の回路 家族が分らなくなるというのは、かなり認知力が低下していると思うのです。 この2015年の春以降、私は今の暮らしが終わるのも近いのではないか…

記憶についてNo.11 家族を忘れて④

(2015年3月30日 診断から約8年2ヶ月) 前記事の続きです。長くなってすみません。 *この言葉はやはりキツかった。 「う〜ん。実はよく分からないの。でも、お母さんと呼ぶから…。娘かな…?」 私は少なからず動揺しました。 しかし、診断から年月が…

記憶についてNo.10 家族を忘れて③(2015年春のつづき)

(2015年4月4日 診断から約8年2ヶ月) 前記事の続きです。 *全記事 お花見から帰って…。 この日、ジジはショックを受けましたが、おママを責めたりはしませんでした。だから暗い面持ちのジジとは対照的に、おママは帰宅後も上機嫌です。そんなおマ…

記憶についてNo.9 家族を忘れて② (2015年 春頃)

(2015年4月8日 診断から約8年2ヶ月) あれから(前記事)取立てて何もなく…。 年が明けて2015年となりました。 おママはアルツハイマー型認知症の診断から8年目を迎えました。 元気ですし、目立った変化はありませんでした。しかし、ジジもオ…

記憶についてNo.8 家族を忘れて①(2014年末)

(2014年11月29日 診断から約7年9ヶ月) 家族の誰かが認知症の診断を受けたら…。 いつか、そんな時期が来るんだと覚悟しなきゃならない。 おママがアルツハイマー型認知症の診断を受けた時、私も覚悟しました。 「ショックだろうな…。」暗い底なし…

言葉

『おママ』というのは、母の愛称です。 ジジ、オネコ、私が母を話題にする時、『おママ』というのです。 (2017年3月13日 診断から約10年1カ月 振り子の時計見たいですね〜と私が言ったら、そうかしら?とおママは笑っていました。) 私は実際、お…