アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

記憶についてNo.12 家族を忘れて⑤(2015年春以降)

 

f:id:harienikki:20170512230910j:plain

         (2015年11月28日  診断から約8年9ヶ月)

 

前記事の続きです。長くなってすみません。

 

記憶の回路

家族が分らなくなるというのは、かなり認知力が低下していると思うのです。

この2015年の春以降、私は今の暮らしが終わるのも近いのではないかと思いました。

 

しかし、そうでもなかったのです。

私の事を娘だとしっかり認識しているような時もあり…、こりゃダメだと思うこともありました。

 

例えるならば、脳内に痛んだ記憶の回路があるとします。その回路は頻繁に電気信号が伝わらなくなるのですが、時として何かの拍子にピュッと通ったりする。
そんな感じなのです。

 例えばこんな事がありました。

 

 episode(他人)

アルツハイマー認知症と診断されて7年くらいは、私が夜まで残業をしていると、おママは気になって気になって仕方ありませんでした。
「チャーコをこんなに働かすなんて、お父さんはヒドイ‼️」
とジジを責める事も多かったのです。
しかし、この頃(2015年)から反応が変わりました。
「あなたは今どちらに住んでいるの? あら、大変ね〜。ご家族もいるでしょうに、お家のことは大丈夫なの?」
という感じです。こんな時、私は他人でしょう。(笑)

 

 episode(娘)

この年(2015年)の7月におママは虚血性大腸炎になりました。

この時、さすがの私も泊まり込みましたよ。
夏は枕さえあれば板の間に直寝しても爆睡出来る私。(野生的⁉️)
「敷布団は要らないわ。」
そうジジに言ったのです。するとおママは激怒。
「お父さん‼️チャーコに布団を敷いてあげなさい。」
「要らないです。」
「本人が要らないと言ってるよ。」

数分の間は納得するのですが、またぞろ…繰り返しました。
「チャーコに布団を敷いてあげなさい‼️」
この時ばかりはチャーコ=娘
としっかり認識出来ていたようです。

 

 episode(他人)

仕事をしている午後。
私はコーヒーを淹れたくて2階に上がりました。
おママはロッキングチェアで寛いでいたのですが、私の急な出現にかなり驚いたようです。
「⁉️」
絶句して固まっているので、
「お母さん。休憩中ですか?」
と声を掛けたら「あぁ〜」とホッとしたように笑いました。
この時は絶対に、知らないオバちゃんが急に現れたと思ったのでしょう。
「お母さん」と言われて、見知らぬオバちゃんが娘と分かり安心したようです。

一方、おママの状態について、オネコは私とは少し違う印象を持っていました。

 

次回に続きます。読んで下さりありがとうございます。

同じ時期にこんな事もありました。⬇️他のアルツハイマー認知症の方は分かりませんが、おママの症状は一定ではありません。急に記憶の回路が繋がったり、昔の記憶がポンと飛び出したりするから、私は一喜一憂してしまうのです。

 

harienikki.hatenablog.com