アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

キラキラしてる? & アイスの災難続編

f:id:harienikki:20170823231303j:plain

(2017年8月2日 アルツハイマー認知症の診断から約10年6月)

 

  この貼り絵、私にはキラキラして見えるのです。

娘のアズキも見たら

「キッラキラ〜❣️」

と叫んでおりました。

寄木細工模様の千代紙(小津和紙)を小さく切って、縦横無尽の使っております。

それに鹿の子模様の赤い千代紙を配置して、

中央部分のグレーっぽいベージュ系のパーツは古いベルン(洋菓子メーカー。関東ではチョコレートコーティングのミルフィーユが有名)を使っています。

 

   最初の完成形はこんなにキラキラしていませんでした。⬇️こんな風です。

f:id:harienikki:20170823232642j:plain

 

   私が制作中にのぞいてみると、⬆️こんな感じでした。

「どう思う?これで貼っちゃおうかしら?」

少しあっさりしていますが、これはこれで良いと思いました。

「ステキよ。貼って良いわよ〜。」

「そうぉ〜❣️」

おママは嬉しそう頷いたので、貼り始めた…と、私は思いました。

しかし、気が変わったのですね。

翌日、私がファイルの中で見つけたのはキラキラの貼り絵でした。

おママ、粘った甲斐がありましたね。

 

追記です。

昨日の記事で話題にしたアイスのことですが。

冷凍庫から出して開けて見ました〜。(涙)

2日間、こんな風に冷蔵庫に入っていて⬇️  再冷凍。

 

f:id:harienikki:20170824000256j:plain

  今日冷凍庫から出してみると、なんだか箱全体が湿っているような…。(涙)

開けると…、やはりだわ…。

本当にメーカー様。ごめんなさい。せっかく美味しいアイスだったのに、

保管が悪くてこんなことになり、アイスにもごめんなさい。(涙)(涙)

全部ではないけど、バニラアイスが漏れている。⬇️

 

f:id:harienikki:20170824000321j:plain

試しに傷が少ない粒を食べて見たのですが、

うーん。やっぱり、違う。

「ごめんなさい」とアイスに謝りながら、やめました。(涙)

 

このアイス、私は好きなのです。

でも、今日はモヤモヤが残ってしまい、帰宅途上で買って帰りました。

無傷の(?)アイスを開けて、一口食べれば❣️

「やっぱり、この味。美味しい。」

気が晴れました。美味しい❣️

 

  おママが買ったアイスを冷蔵庫に入れてしまうのは、ある意味仕方のないことです。

それをチェック出来なかった私達の問題ですね。

ジジによると、

「おママは『これ美味しいのよ』って言って買ったんだよ。」

確か以前、おままと2人でお留守番の時に、一緒に開けて食べたこともありました。

覚えていたのかな〜?

 

このアイス、おママも好きだったのね。

今度は美味しく食べられるようにしたいです。

 

harienikki.hatenablog.com