アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

圧力をかけあう。(^O^)

f:id:harienikki:20190123233415j:plain

(2018年10月14日  アルツハイマー認知症の診断から約11年8ヶ月)

 

娘の場合

おママが食器洗いをしていると、私はどうしても気になってしまいます。

だって、先日おママがまな板を洗っているところを見ていたら、

掌で1、2回こすって水で軽く流しただけでだったのですから。

 

最近、お鍋や油のきつい食器は、私が先に洗ってしまうので、おママが洗うのは食事の時に食卓に乗せた食器類だけです。

 それは⬇︎昨年考えた「バトンタッチ方式」ですね。

harienikki.hatenablog.com

 結局、おママが洗う食器は少なくなったのだから、放っておけば良いのです。後で気になるなら、後で私が洗い直せば良いはず。

(それでも、気になる…。)

おママがどんな風に洗っているのか?

普通の人は自分のやり方が決まっているのですが、認知症のおママの場合、その洗い方、洗剤のつけ方は日によって変わります。だから余計に気になるのです。

それで、おママが台所のシンクの前に立つと、私もその隣に張り付いていました。

すると、おママはなんか嫌な感じがしたようで、私の方をチラチラ見ながら食器を洗っていました。

(見張られていると思ったのね…。)

 

おママの場合

昼前に実家に着いたら、たいてい私は直ぐに 昼食の準備に取り掛かります。

私が何かを切り始めたら、鍋を火にかけたら、おママは台所にやってきて、

「そうね。そうするのね。」

野菜を茹でようものなら、まだだと言うのに、

「これ、もう良いでしょう」

と、わざわざ火を止めてくれます。まだなのよ。

兎に角、私の側に張り付いて、

「なるほどね、そうするのね、へぇー」

と、小さな声で、独り言のように呟き、まるで偵察しているようです。

私としては、やりにくいったらありゃしない…。(^O^)

 

お互い様です。

考えてみれば、おママだって食器を洗っている時に、私に見張られてはやりにくいでしょう。

結局、お互い様でした。

じっと側で相手のやる事を見ているという行動は、おママも私も動機は同じだと思います。それはこんな事でしょう。σ(^_^;)

(ちょっと信用できない…。)

 

私は、おママがもうあまり衛生面に気を配れなくなったのを知っているから、大丈夫なのかと心配になりました。

 

これは私の想像ですが…。

おママは、誰か良く分からないけど、自分の台所に人が立っていて、何か調理をしているようだ。もしかしたら、時々くる人なのかもしれない。でも、何をされるか分からないから心配になりました。

当たらずも遠からずという感じでしょうか。(^O^)

 

(おママに見張られて、感じが悪かったわ。)

だから、今月に入ってからは、なるべく私自身はおママの食器洗いを見張らないようにしました。

 

でも、おママには見張られ続けていますわ…。(^O^)a

 

本日アップの貼り絵

以前にもご紹介した事がある化粧品メーカー「ハーバー」の冊子の表紙を使っています。

f:id:harienikki:20190322012637j:plain

 

他にも⬇︎の千代紙も使用しています。

f:id:harienikki:20190123235152p:plain

 

 ⬇︎ハーバーのサイトです。

www.haba.co.jp

⬇︎同じ紙を使っていいます。

harienikki.hatenablog.com

 

harienikki.hatenablog.com

 

 おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。