アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

雨の日の課題

f:id:harienikki:20190617223225j:plain

(2019年5月3日 アルツハイマー認知症の診断から約12年3ヶ月)

 

雨の日には出掛けられません。

先週の月曜日(6月10日)東京は大雨でした。

こんな日は高齢者は外に出ないに限ります。

特にシルバーカー(手押し車)が使えないので、ジジは出掛けられません。

おママだって外出する気にはなりませんでした。

その代わりに、強い雨音に気持ちが高ぶるのか、すぐに窓を開けて様子を見ようとします。

「ねぇ、ほら、みて、あれが、あれが、大変よ。」

ザーザー振りなので窓を開けると降り込むでしょう。

「お母さん❗️ちょっと窓閉めてよ。濡れるわよ。」

一旦閉めても10分もしないうちにおママは窓を開けるから、繰り返し言っても焼け石に水です。(^O^)

 

  1週間前に整形外科で「脊柱管狭窄症」と診断されたジジ。

ジジは薬の服用はしていますが、週3日の通院やコルセットは出来ませんでした。

ちょうどその薬が無くなりました。

それだけでなく…。掛かり付け医で処方されている血圧の薬や、おママの認知症の薬も1包もないとのこと…。

 

雨の日は出掛けられませんから、私が代わりにお医者さん2ヶ所と薬局を回って来ますが、一応、ジジには意見しておきました。

「明日のも無いなんて❗️少し余裕を持ってお医者さんに行ってくださいよ。

こんな大雨になったり、災害が起きたら薬が切れてしまうじゃないの❗️」

 

私が居ない間におママが窓を開けっ放しにしませんように…。(^◇^;)

 

harienikki.hatenablog.com

 

課題をこなしてください。

私は出がけにジジに言いました。

「薬局あたりでLINEをするから、必ず見て、返事くださいね。」

 ガラケーからスマホに替えたばかりのジジには、どんどんLINEを使って欲しいからです。

音声入力は余計な声まで拾ってくれちゃうし、加減はなかなか掴めません。

ガラケー時代にメールをやらなかったジジには、太い指で文字を入力するのは大変難しいそうです。スパルタチャーコはすかさずジジに宿題を出しておきました。

 

私は薬局から

「薬局で1包も化に時間がかかるから、戻るのは4時を過ぎます。何か買ってきて欲しいものがあったら連絡下さい」

と送信しました。

すると、思いの外早く返信がありました。

下記⬇︎の「ありがとう  〜  早くお帰り下さい」です。

f:id:harienikki:20190618040925j:plain

少し前まで音声入力の練習をしても訂正できずに

これ日本語?というくらい無茶苦茶なっていたのですが、随分精度が上がったではありませんか❗️

なかなかの上達振りで、私は驚きました。

すっかり雨が染み込んで重くなった足元ですが、私は急いで実家に向かいました。

 

それで、実家に戻ってみると…。

オネコが来ていました。

そして、ジジにつきっきりでLINEの音声入力の訂正方法を教えておりました。

そうですよね…。

ほとんどオネコがやったようです。納得です…。(^◇^;)

 

まぁ…、ゆっくりと繰り返しながら慣れていって下さいね…。

 

因みに窓はほとんど閉まっていました。

おママが開けたとしても、

オネコが来た時に、閉めてくれたのかも知れませんね…。(^_^)

 

f:id:harienikki:20190618040033j:plain

本日アップの貼り絵

オネコが持ってきてくれた包装紙です。

素敵ですね❣️

ハワイ土産のマカデミアナッツチョコレートの箱が包まれていたそうです。

今年の4月末から5月、おママはこの包装紙を気に入り、これを含めて3枚の貼り絵を制作しています。

 

トップの貼り絵の中央部分はどの辺りから切り抜いたか?すぐ分かりました。

f:id:harienikki:20190617223618j:plain

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。