アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

のこりもの♪

 

f:id:harienikki:20180116233139j:plain

 (2017年12月7日  アルツハイマー認知症の診断から約10年10ヶ月)

 

おママ,自作を評論する

  月に数度、私はおママの貼り絵を写真撮影します。

喜ばしい事に、最近のおママはとても多作です。

撮影するのもなかなか大変なんですよ。うれしい悲鳴です。

撮影の時に、おママは自分の貼り絵を批評します。

 

「ここはこうすれば良かったのに。」

「これがもう少し右に寄っていたら、もっとああだったのに。」

 

その口調は反省というより、誰かにアドバイスするような感じだから可笑しい…。

 

 今日アップの貼り絵については、ちょっと吹き出し笑いをしてから、

「可笑しいわね。きっと、のこりものを集めたのね。たまにはこういうのも良いわよね」

との事でした。

 

自分が作業机に貯まっている残り物を貼った、その記憶の切れ端でも頭の片隅に残っていたのかしら…。

「とてもかわいいと思うわ。」

私が言うと、

「そうよね。こういうのはこれで良いわ。」

と微笑みました。まるで先生の風格すら感じさせます。

そんなおママは頼もしく見えるから不思議です。

 

残り物とは…。

金色の折り紙の切れ端、

小津和紙の寄木細工模様の千代紙、

小津和紙の包装紙。

そして時々あらわれる無地ピンクの紙…。

これまでのおママの貼り絵にたびたび登場していたパーツの残り物ですね。

そして、赤いリボンのプレゼントも残り物なんですよ。

 

⬇️こちらを制作した後の残り物でしょう。

f:id:harienikki:20180117001222j:plain

(2017年12月1日 アルツハイマー認知症の診断から約10年10ヶ月)

これは多分、伊東屋の広告写真から取ったのだと思います。

 

一番上の貼り絵は、残り物の寄せ集めで、気分で貼り付けた感じですが、

なかなか味な構成になったと思います。

おママ❗️残り物には福があったね‼️

www.ito-ya.co.jp

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。