アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

診断まで おママの場合 その2

  このクラフトパンチの件は1ヶ月ほどで沙汰止みとなりました。

おママからの電話が無くなったのです。

ようやく分かってくれたんだ。そう胸を撫で下ろしました。

  しかし今思えば、おママは納得したというより、この件では憑き物が落ちたような感じだったのでしょう。

 

f:id:harienikki:20170325195250j:plain

                                     (2006年頃    診断前)  

  しばらくすると、おママは何と別の事について拘り始めました。

   「バスタオルの良いのが無くて、あんたのところで余ってたら欲しいわ。」

そう言われたので、日曜日に主人とアズキに持って行ってもらいました。2人の話だと、

「有ったのね。ありがとうございます。」

と笑顔で受け取っていたらしいのです。しかし、翌日には深刻そうなおママの声が受話器から聞こえて、私は愕然としました。

「良明さんがバスタオルの入った紙袋を忘れてったの。良いタオルなのよ。どうする?今度来るときまで預かっておく?宅急便で送る?」

えっ?

戸惑いながら私が一から話すと、すぐおママはこう言いました。

「そうだったわね〜。」

でも、翌日には同じ電話が掛かったのです。その翌日も、またその翌日も…。

何度、説明しても無駄でした。毎日毎日、私はこの電話に悩まされました。

正直うんざりでした。