アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

祭り囃子が聞こえるね。

f:id:harienikki:20171010231921j:plain

(2017年9月18日  アルツハイマー認知症の診断から約10年7ヶ月)

 

お土産は嬉しいものです。

おママはお土産を開けて賞味するのも嬉しいようですが、

包み紙に心惹かれれば、もっと嬉しいでしょう。

 

これは先月の九州旅行のお土産です。

私としては、それほどおママの気をひく包装紙とは思いませんでした。

美味しいお菓子を味わってから、おママは直ぐにハサミを手にして、

切るわ、切るわ、切り抜きました。

「これは踊っている人の影かしらね。」

私が話しかけてもピンとこないようです。

「そうかしら?」

おママには人型には見えないのかしら。

でも、何を表す形かなんて、どうでも良いのでしょうね。

 

面白いと思う形かどうか?その一点だけです。

後は配置の妙を追い求めるだけ。

 

そうそう…。これ見よがしに銘菓の名前が貼られていますが、

おママに宣伝の意図はありません。

だって、文字も意味を持たないオブジェクトですから。

 

そして生まれたのは緩急自在の踊りでした。

 

f:id:harienikki:20171011120305j:plain

⬇️キレイに開けられなくて、すみませんでした。

f:id:harienikki:20171011001009j:plain

www.meigetsudo.co.jp

おママの貼り絵を見て下さり、有難うございます。