アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

可愛い転生

f:id:harienikki:20191028230709j:plain

(2019年8月19日 アルツハイマー認知症の診断から約12年6ヶ月)

 

裏に謎が…。

この貼り絵、扇に見えます。

実際扇のように折り畳んだ折り紙を使っているのだと、私は思いました。

「これ、元は何だったの?」

とオネコに聞かれた時、私は制作途中を見ていないので定かではなかったのですが、

「デイサービスで作った折り紙? 御扇子でも作ったのかもね」

と、適当に答えました。

のちに分かるのですが、この私の言は半分しか当たっていません。

 

実は制作された8月の時点で、私の興味は裏面にあったのです。

⬇︎こんな感じ。 

f:id:harienikki:20191028232419j:plain

 おママは何故に突然、日付の上に「東京都民共済生(都」なんて紙を貼ったのかしら?

おママはこれを貼った時、何を思ったのか?

考えると不思議でなりません。(^O^)

 

正体は如何に?

この黄色い扇は以前も見た記憶がありました。それも今年。

過去の記事を探していたら、ありました。こちらです。⬇︎

harienikki.hatenablog.com

やはり、過去記事でアップした貼り絵も扇状の構成ですね。

 こちらを読んでも、「おママがデイサービスで御扇子を作った」という記述がないので、既に元は謎になっていたのでしょう。

 

しかし、今月(2019年10月)になって、タブレットの中に保存されている写真データを物色していたら、偶然にも手掛かりを見つけました。

それが下の写真です⬇︎。

写真の下方、赤い丸で囲まれた所に見えていますね。おそらくこれが、本日アップした貼り絵の扇だと思います。

f:id:harienikki:20191028234915j:plain

 

(おママはやっぱり、デイサービスで御扇子を作ったんだね。)

私は能天気に納得していましたが、そうではなかったのです‼️

⬆︎上の文章で当たっているのは「デイサービスで〇〇を作った」という点だけでした。

 

 

昨年撮影した写真データを順に遡っていたら、

なんと‼️

黄色い扇は、扇ではなく傘だったのです。⬇︎

私の記憶も相当曖昧ですわ。

 

昨年夏にデイサービスで、おママは上手に折り紙の傘を作りました。

これを見て、私はとても感動しました。そして、写真を何枚も撮ったのに、すっかり傘の存在自体を忘れてしまうとは…。

私は申し分なく認知症予備軍ですね。(^O^)

 

それにしても…。

2018年7月に拵えた黄色い傘を、おママはいつ分解したのでしょう。

1月21日の貼り絵を制作する直前でしょうか?

あれこれ思い巡らすのは楽しいものです。

 

1月以前に分解された傘が、7月に扇に転生した。

 

私にしてみれば、それはまさに「事実は小説より奇なり」ですわ。(^O^)

 

あ、謎がまだ一つ残っていました。

それは…。

青い傘は何処へ行ってしまったのしょう…。

 

⬇︎傘というのは、これ。撮影は昨年2018年7月です。

f:id:harienikki:20191028234945j:plain


おママの貼り絵を見てくださり、ありがとうございます。