アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

ウナギ

f:id:harienikki:20170820233553j:plain

 (2017年7月19日  アルツハイマー認知症の診断から約10年5ヶ月)


   盆休み明けの先週金曜日。

久しぶりに行ってみると、元気なんだけどおママはなんだかボンヤリした感じです。
さてはキツ〜イ娘が来なかったから刺激が足りなかったか?(笑)
それとも夏バテか?

 

一緒にお使いに行きました。

蒸し暑くて元気のないジジ。

午後になるとどうしても買い物に行きたくなるおママ。


それで、私がおママと出掛けることになりました。


「スーパーの支払いはこれにして。」
ジジは1月に作った10倍ポイントの貯まるクレジットカードを私に託しました。
「ご飯は炊くから、何でもいい。簡単に食べられるオカズを買ってきて…。」
ジジ…、バテてますね〜。心配です。

 

何が食べたいの?
   ジジが一緒ではないから、おママはスーパーで何を買ったら良いか決められないようです。
「お父さんは何だって?」
ここで何でも良いのよと言えば、余計混乱しそうです。


「お母さんは肉と魚とどっちが食べたいの?」
私が投げかけたらおママは即座に答えました。
「魚かな〜。」


  それで魚のコーナーに連れて行くと、

おママが「食べたい」と言ったのはウナギでした。

 

それも国産一尾1980円也。(o_o)
いくらクレジットカードを預かっているとはいえ…。
いくら2人で一尾で済むとはいえ…。
私だって躊躇しますわ。

でも、ウナギが食べたいなんて、やはりおママも夏バテなのかしら。

その気持ちを無下にはできません。


  ふと横を見れば、中国産一尾998円と言うのがあります。
「お母さん!こっちはいかが?」
貧乏性の娘は安い方を強烈に薦めましたが、それでもジジがいつも買うお惣菜の倍はします。
(一応、確認を取り付けよう。)


  私はジジに電話をしました。
「おママがウナギ食べたいって言うんだけど、中国産一尾998円なのよ。買っていい?」
電話の向こうからジジの溜息交じりの笑いが聞こえました。
「まぁ、良いよ。」
それで、めでたくおママは嬉しそうにウナギのパックを買い物かごに入れました。

 

案の定…。
  ものの数分でしょうか。レジに並ぶ前のことです。
おママは買い物カゴを見て首を傾げました。


「どうして?こんな高いものが入っているの?」


ある程度予想できていたので、私は驚きはしません。
「お母さんが食べると言ったのよ。」
「えーっ❗️そんな事ないわよ。」
「それで、お父さんに電話を掛けたら、買っていいと言ったの。だからカゴに入れたですよ〜。」


「そんなの知らないけど、お父さんが買いたいなら、しょうがないわね。」
「………。」


私の目の前で、絶妙な逆転現象が起きました。


何もジジはウナギがどうしても食べたいわけではありません。おママがそれほどでもなければ、チキンの照り焼きあたりの変更した方が良いのではないか?
そう思って、私はおママに再確認しました。
「お母さんはウナギは食べたくないの?」
すると満面の笑みに乗せて返事がありました。
「あれば私は食べるわよ〜。」

 

実家に戻って、私はジジにカードを返しました。
「食べたいと言い張ったことを忘れるのは、いつものことだから。」


ジジの笑顔に諦観が滲んでいましたわ。
お疲れ様です。美味しかったかな?

 

⬇️この時のクレジットカードです。ジジは実はすでに10000ポイントを貯めおおせて、お米やらペット飲料にかえております。 私の完敗です。

harienikki.hatenablog.com

おママの貼り絵を見て下さり、有難う御座います。

 

 

私もそうだし…。

 

f:id:harienikki:20170820003521j:plain

(2017年7月10日  アルツハイマー認知症の診断から約10年5ヶ月)


  私は盆休み中、すっかり実家はご無沙汰してました。
暑さのせいもあり、ジジもおママも何となく精彩がありません。

 

  昨日の昼前、私は実家の最寄駅からジジに電話しました。


「お昼どうしますか〜?なんか買い物ありますか〜?」


毎度同じ質問。

そして、私はたいてい牛乳やヨーグルト、キャベツなど重い物を担当します。


  お昼は有る物で済ますことになり、
「あ、ヨーグルトお願いね」
とジジの明るい声がしました。
「牛乳はあるの?」
「ある。ヨーグルトだけお願いね〜。」

はいはい。私は450mlのヨーグルトを1パック買って行きました。


  それで、実家の冷蔵庫を開けてしまおうとすると…。


なんと❗️
奥の方で未開封の450mlの未開封ヨーグルトが2つも有るではないか‼️


  幸い2つとも賞味期限はまだまだ先です。しかし3つ目とは1〜2日違いだわ。
という事はですよ…。


盆休み中に、立て続けに買った可能性が高い。(笑)


「冷蔵庫にすでに2つ入っていたわよ。」
私は極力優しく(?)ジジに伝えました。
「えーっ。本当?ちゃんと冷蔵庫を見たのにな…。」
「まぁ、皆んな、よく有ることだから。」

でもジジはショックを隠せないようです。

 

冷蔵庫に在庫している3パックのヨーグルト。
そのうち1パックはオネコに貰われることになりました。


「遂におかしくなってきたよ。もうだめだ。」
ジジは笑いながら娘達に言いました。
笑いながらですが、やはりショックだったかなとも思います。
今までジジは買い忘れは良くありますが、

買った事を忘れるのはあまりなかったかも。

 

でも、大丈夫ですよ。大丈夫…。
えっ?その根拠は?ですか…。
だって…。


6月の事ですが、私はとんかつソースを立て続けに2度買ってますので。
この1件でジジがダメだとすると、私もダメって事になりますもんね。(笑)

 

おママの貼り絵を見て下さり有難う御座います。

 

おママとジョージの思い出 その2

f:id:harienikki:20170818082328j:plain

(2017年6月30日  アルツハイマー認知症の診断から約10年4ヶ月)

 

harienikki.hatenablog.com

 

昨日の続きです。

チャーコの恨み節
  私とジョージの深〜い因縁とは?(笑)

 

   私が因縁などと言えば、「ひとまねこざる」のジョージは迷惑でしょう。

おママにとっても、今やただの言いがかりに過ぎない。

でも、私は忘れるもんか❗️

  幼稚園に上がる前から、私はおママから、
「チャーコは頭から背中にかけての線や、全体の風情がジョージにソックリ、似てるわ〜〜」
と言われ続けたのです。

こんな風情でしょうか?⬇️ 

f:id:harienikki:20170818082711j:plain

(表紙の見返し。上から「ひとまねこざる」「たこをあげるひとまねこざる」「じてんしゃにのるひとまねこざる」より。様々なジョージの動作が可愛い。)

 

  確かにジョージは可愛い。しかし、おさるです。
おさるに似ていると言われて、娘は果たして嬉しいか?(笑)

  幼心に私は心中複雑でした。小学生のオネコも同調しますし…。


ジョージは好きだが、おさると言われるのはイヤ。)


好きなんだけど悲しい。

おママとジョージのせいで、私はそんな捻れた感情を抱くようになったのです。

 

なぜ、おママはそんな事を言ったのか?

   出版社は廉価を目指して刊行した「岩波のこどもの本」。しかし、昭和40年代の一般家庭には決して安くなかったはず。それでもジョージのシリーズ全6冊を揃えるのですから、おママはたいそうジョージが気に入ったようです。長女に読み聞かせながら挿絵を見て、可愛くてたまらなかったのかも知れません。

そして、次女が生まれた。私…。

 

  最近、この件でオネコと話しました。

「つまり可愛いって意味だったのよ。おママは自分がジョージのこと可愛いと思っていて好きだったから言えたんだよね〜。そして次女が似ていて嬉しかったのよ〜〜。」


   確かにおママに悪気はなかったと思います。

だって、それを言う時のおママは屈託がありませんでした。


でも、娘が可愛いなら、普通に可愛いとだけ言えば良いじゃないかと思います。

おさるに似てると言わなくってもね〜

 

   しかし、思えば、昔の親ってあまり我が子を可愛い可愛いと言わなかった気がします。これはウチだけだったのかしら?
昭和一桁世代は素直にストレートに感情表現しない?

 

オネコはもう1つ思い当たる事もあるようです。

「もしかして、私のこと気づかってたかも?
下の子可愛い可愛いいったら、姉がかわいそうだから。
ストレートに可愛い可愛いいわないで、おサルのジョージに託したのかも
今では想像するしかないけれど。」

 

  おママなら、上の子を気遣ってと言うのも考えられます。

でも、なんとなく私は釈然としません。

だからって、私がおさるのジョージに似ているって…。(納得できない)

 

  でも、オネコの言う通りです。今になっては想像の域を出ない事です。

50歳を過ぎて、あーだこーだ言う私もどうかしてますね?(笑)

はい…。

懐かしい「ひとまねこざる」の原画を見て、

あれこれ思い出してしまっただけです…。

 

今のおママは…。

今日、実家で古い「ひとまねこざる」シリーズの絵本を出して、私はおママに見せました。


「お母さん、覚えてる?ひとまねこざるのジョージよ。」
「……えっ?」

暫く沈黙してから、
「まぁ、そうね〜」
と、はっきりしません。そして、
「あー、古い絵本。覚えているわよ」
と言いますが、どうなのでしょう。疑わしい。
「もうウチはお父さんと2人きりだから、あなた、良かったら持っていって良いわよ。」

 

こんな調子なら、私にジョージに似てる」と言った事など、

覚えているはずもありません。(涙)
私は全身から力が抜けました。(涙)

まぁ、もういいわ…。もう、2度と言うまい。

 

しかし、世のお母様方。何気にお子様に
「〇〇に似てる〜」なんて事をおっしゃる時は、ご注意下さいませ。
おママのように、40年以上経ってから、

こうしてブログに書かれる事もあるのです。(笑)

 

   私は娘のアズキとこの展覧会に行きました。

会場でおママとジョージの思い出を語って聞かせると…。


アズキのやつ💢
原画と私をしげしげ見比べて言うのです。
「今もその面影が…、似てるわ〜〜。」

「似てないわい‼️」

おママの再来か⁉️
くわばらくわばら。

f:id:harienikki:20170818084733j:plain

(実家で見つけた古い古い「ひとまねこざる」です。スパゲティーがうどんになっている時代のものです。)

 

私にとっては重大問題でしたが、大した因縁でもなかったですね…。

すみません。m(_ _)m

おママの貼り絵を見て下さり、本当に有難う御座います。

おママとジョージの思い出 その1

f:id:harienikki:20170818001855j:plain

(2017年6月10日  アルツハイマー認知症の診断から約10年4ヶ月)

 

タイトルから、少女時代のおママと米国少年の思い出話を連想した方は、

ごめんなさい。(そんな方、いらっしゃらないか?(笑))


絵本の思い出です。

 

おさるのジョージ展」を見てきました。
   お盆休みに娘のアズキと展覧会に行きました。


これです。⬇️

f:id:harienikki:20170818001928j:plain


   私がまだ幼い頃、昭和40年代の半ばですが、家にはカラー印刷のきれいな絵本が何冊もありました。
5歳年上のオネコのために、おママが買って読み聞かせをしていたのでしょう。


福音館書店の「こどものとも」や岩波書店の「岩波こどもの本」などなど。

今も書店で見かけるロングセラーが多いので、おママの絵本選びの眼は確かだったようです。

その中に「ひとまねこざる」がありました。

「ひとまねこざる」のジョージ❣️

 

   ジョージと言えば、若い方はNHKで放送されているアニメ「おさるのジョージ」を思い浮かべるのでしょうか。

しかし、昭和30年代から50年代生まれの世代にっとては「ひとまねこざる」のジョージですね。

 

   ハンス・A・レイとマーガレット・レイ夫妻の「Curious George」(原題 知りたがりやのジョージ)は1941年にアメリカで発刊されました。以来1968年まで、世界的に愛されシリーズは全6冊にのぼります。
   

   日本では1954年に「岩波のこどもの本」から「ひとまねこざる」として出版されました。ジョージの可愛さとストーリーの面白さから好評を博し、以後順次シリーズは出版されたのです。

おママはこのジョージが、お気に入りでした。

 

   この展覧会ではハンス・A・レイが描いた6シリーズの原画と、夫妻の足跡を辿っています。そしてナチスのフランス侵攻を辛くも逃れ、アメリカで出版にこぎつけた誕生秘話も興味深いです。

 

可愛いジョージの原画を見て。

    物語を書いたのは妻のマーガレット・レイ。

   温かみのある愛らしい挿絵を描いたのは夫のハンス・A・レイです。


「ひとまねこざる」シリーズの真骨頂は、知りたがりやのジョージの行動が連鎖的に騒動を生んで、それがどんどんヤバイ状態になってしまう可笑しさでしょう。

そして生き生きと描かれるジョージの可愛らしい姿です。

 

f:id:harienikki:20170818002045j:plain

(オネコの家に有った洋書の絵本です。ハンス・A・レイが描いた幼い子のためのアルファベット学習書の表紙です。邦題は「ひとまねこざるのABC」日本版初版は1992年6月)

 

   時にいたずらっ子のような表情をみせ、散々やらかして二進も三進もいかなくなり泣きべそをかくジョージ。
なんだかサルを超えて人間の幼児の姿とダブってきます。

例えば⬆️の表紙写真で左下に描かれているジョージの姿。まさに指をくわえている子供を彷彿とさせますね。

 

   絵本では見慣れているはずのジョージですが、ハンスの描いた原画はより親近感があり、他人とは思えない雰囲気がありました。原画ならではの美しさも魅力で、絵本制作の過程も分かり、昔からのファンとしてはとても楽しめました。

 

おママにも見せてあげたかったわ。

 

実は私…、「ひとまねこざる」のジョージに深〜い因縁が御座いました。(^O^)

 

(次回に続く)おママの貼り絵を見て下さり有難う御座います。

食いしん坊⁉️

 

f:id:harienikki:20170813195544j:plain

(2017年8月9日 アルツハイマー認知症の診断から約10年6ヶ月)

 

  一昨日のコーヒーブレイクの続きというわけではありませんが、

今日アップの⬆️の貼り絵は美味しそうです。

 

カステラですね。

 

   この可愛らしいラベルの様なイラストは、長崎の福砂屋さんの包装紙から取ったものです。

福砂屋さんの包装紙は格調があって素敵なんですよ。

貼り絵に使えるのではないかとオネコが考えて、だいぶ前におママにあげたのです。

残念ながら写真は撮リ忘れました〜。(^ ^)

それで、⬇️のサイトの下の方に、包装された箱の写真があります。

もし、ご興味のある方はご覧下さいませ。

http://www.fukusaya.co.jp/item/castella.html

包装紙にはちょっとレトロで洒落たラベルやイラストが一面に描かれています。

その中で、おママが使ったカステラは地味な図柄。

「他にもオシャレなイラストがあるのに〜。なんで、また、コレ〜⁉️」

首を傾げながらも、ちょっと推理してみました。

 

『画面の中央に配置するなら、円形のエンブレムみたいなのが丁度いい』

そうおママは考えたのかも。

しかしです。包装紙には楕円や円形に近い図柄は他にもありますね。

 

『やっぱり美味しそうで、楽しそうだから。』

意外とこんな理由かもしれませんね。食いしん坊のおママならこれもありかも。

 

あくまで、私の想像ですが…。(笑)

 

⬇️下の写真は制作途中です。

この写真の通り、

糊付けする前、カステラを取り巻くパーツは周辺に分散していました。

貼っているうちに、デザインが若干変わって、全てが中央に集まってきたのです。

でも、:出来上がった時の形がおママの正解なのだと思います。

f:id:harienikki:20170816222916j:plain

私的には…。

中心に集まった事で、お茶会の賑やかなわちゃわちゃ感が高まった気がします。(笑) 

おママの貼り絵を見て下さり有難う御座います。

 

痛恨の5ミリ

 

f:id:harienikki:20170815143116j:plain

(2017年4月15日 アルツハイマー認知症の診断から約10年2ヶ月)

 

harienikki.hatenablog.com

スマホの中に眠っていた貼り絵

   夏休み中ということもあり、私はここ数日ボンヤリと過ごしております。

いい機会なので、スマホに貯まっているおママの貼り絵の写真を眺めていますと、

「あれっ!何でこれ、アップしなかったんだろう?」

と思う作品に出くわします。

 

  今まで何ヶ月もブログでおママの貼り絵を紹介してきましたが、

自分なりに貼り絵をアップしていく決まり事みたいなものはあります。

写真撮影が月に2回から3回程度なので、どうしてもタイムリーに昨日の貼り絵を今日アップするみたいな事は出来ません。

 

それでも、

おママが貼り絵を続けられている間は、新しい作品をアップする。

なるべく、

前月の作品を消化してから今月にする。

 

これが決まり事です。

その中で、取り立てて理由もなく「そのうちアップしよう」と思いつつ、

出しそびれて、眠っている貼り絵がかなりあります。

今日アップの貼り絵もそうです。眠っておりました〜。

 

おママのこだわり

  今日アップのは制作日は違いますが、過去記事「暗示にかかってしまった‼️」の貼り絵と対を成す作品でした。

 

  両方とも天秤を思わすデザインです。

 

過去記事の方は、本人手放しで気に入っているようですが、今日アップの方はちょっと文句があるようです。

 

  私が写真撮影をする時に、おママは言っていたのです。

「これは失敗だわ。」

「そうですか?素敵ですよ。」

「これはね〜、青い三角の下と赤い三角の上が揃ってないのよね。」

「……? 余白がってことですか?」

すると、おママは直定規を持ち出して青い三角の底辺の下と赤い三角の頂点上の余白を測り始めました。

そして、唸ってから、

「全体的に5ミリ上に移動したら良かったのに」

と悔しがりました。

確かに…、おママの言う通りでしょう。作ってる時は見えない事ってありますよね。おママは記憶がないから、このように、後日客観的(第三者的)に自作を批評する事があるのです。

でも、直定規で測って私に説明するとは…、驚きでした。

 

  この貼り絵は4月の作品。

まさに今年の春くらいまでは、おママは直定規を使って正確なシンメトリーを試みていました。

しかし、最近(8月現在)は定規を使わなくなっているようです。

だから、左右上下の余白が均等にならない事が増えているように思います。

ある意味、それは能力の後退かも知れません。

でも、アルツハイマー認知症が少しずつ進んでいる事を考えれば、これも自然の流れと思います。

おママが自分なりに考えて、切って貼るという行動をしている。

そこに意味があるんではないか⁉️

 

と、思いつつ…。

なんで、この様な記録メモまで有ったのに、私は今迄アップしていなかったのか?

自分でも分からない…。(笑)

 

おママの貼り絵を見て下さり、有難う御座います。

 

コヒーブレイク

 

f:id:harienikki:20170814222555j:plain

(2017年6月28日  アルツハイマー認知症の診断から約10年4ヶ月)

 

   お盆の時期ということもあり、このところ実家に行かれません。

ジジとおママの事はオネコに任せっきりになっております。m(_ _)m

 

  お薬飲んでいるかしら? お風呂はいっているかしら?

気になりますが、2人とも元気にしているようでホッとしました。

 

   時々、思うのですが、お二人さんはオネコや私より丈夫なんではないか‼️

確かに今は…、ジジは足腰弱くなりました。おママは認知症歴10年です。

しかし、それを除くと至って元気。食欲もあります。

 

長寿の人の身体は、その個体自体が頑丈なのでしょうか。

 

思えば、ジジとおママは昭和1桁世代です。

終戦時、ジジは17歳、おママは11歳。

戦前戦中戦後の混乱と食糧難を超えて生き抜いてきた。

う〜ん。これだけでもとっても強固だわ。

 

  高度成長期以降は身体に良いものばかりを食べてきたわけではないし、

(お酒は嗜む程度、タバコは皆無ですが。) 食品添加物は結構摂取しているはず…。

2人に共通しているのは胃腸の丈夫さ。お肉だってお魚だって何でも食します。

そして、殆どまだ自前の歯があるという事。だから、何でも食べられる。

胃腸と歯の丈夫さが長寿の要因の1つだとしたら、私はあやしいかもな〜。

 

この盆休みに、つらつらと、そんな事を考えていました。

兎に角、ジジとおママにはこれからも元気でいてほしいです。

 

   あ、忘れてました。今日のタイトルはコーヒブレイク。

私のコーヒブレイクというわけではなく、貼り絵をご覧いただきますと、

コーヒーカップの絵が貼られております。逆さになっているので、

私も一瞬そうは見えなかったのです。

でも、それもご愛嬌。面白さを感じました…。(^ ^)

 

  ちなみに、ジジとおママのコーヒブレイクは…。

インスタントコーヒーです。それを薄めのブラックでいただきます。

あ、ジジは私の影響だと言っておりますが…。(笑)

 

今日アップの貼り絵は⬇️の仲間ですね。 

harienikki.hatenablog.com

おママの貼り絵を見てくださり有難う御座います。m(_ _)m