アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

悩ましい忘れ物

f:id:harienikki:20171212230740j:plain

(2017年11月10日  アルツハイマー認知症の診断から約10年9ヶ月)


ジジとおママ、デパートへ行く。

12月はお歳暮の時期ですね。
これは先月の事、お二人さんは仲良くお歳暮の注文をしにデパートへ行きました。
いつものお歳暮コーナーに行ってはみたものの、時節柄混んでおります。

2人は椅子に腰掛けてしばし待つ事となりました。

おママの膝の上にはバックが乗っておりますした。

 

緊急事態
座って順番待ちをしていたら、突然おママが言うのです。
「おトイレに行きたい。」
「え……⁉️」

どうも小の方らしい…。
せっかく並んでいるのに…。もう少しなのに…。


しかし、おママは紙パンツではなく普通の布パンツなのです。
天秤に掛けるまでもありません。

ジジは杖をつきつき、おママと席を立ちトイレを探しました。

おママはアルツハイマー認知症歴10年です。

尿意を前もって認識して知らせてくれるだけで有難い事だと思います。
しかし、どのくらい時間の猶予があるのかジジには分からない。

間に合うのか⁉️  しかも「トイレは何処だ〜!」という状態です。


売り場の人に聞きながら、無事に辿り着いた時には、ジジはヘトヘトになっていました。
「ここ(トイレの入口の外)で待っているから、行ってらっしゃい。」
「はーい。」
繰り返すようですが、おママはまだ紙パンツを履いてくれません。こういう時の緊迫感は齢89歳のジジには結構こたえます。
ま、今回は間に合ったので、取り敢えず、胸をなでおろしました。

 

やれやれ…。
おママがにこやかに出てきた時、ジジはある事に気がつきました。
「バックはどうしたの⁉️」
どうしたも、こうしたも…。何処かに忘れたのです。
「あら、バックなんて、持っていないわよ。」
おママには記憶がないから仕方ありません。

一難去ってまた一難。

しかし、こんな時こそ冷静に!

過去にも同じような事件は何度か経験しているのですから!

ジジは自分に言い聞かせました。

 

そこで、ジジは考えました。
忘れた可能性のある場所は2カ所。


お歳暮コーナーの椅子。そして今入ったトイレの中。


お歳暮コーナーの椅子なら随分時間が経っているから、なくなっているかも。

もしかしたら、スタッフの人が気付いて預かってくれているかも…。
(今やるべきはトイレを探す事だー!)

すぐさまトイレに飛び込んだのですが、少しの間に何人もの人が並んでいました。

個室は4個ですが、何処に入ったかおママに聞いても、分かりません。


仕方ないのでジジとおママは女子トイレの中で、個室が空くたびに中を覗き込む事になりました。

お待ちになっている淑女方で、察しの良い方は分かって下さいますが、

老女とその夫の行動を不審に思う方が普通でしょう。

まして、高齢とはいえ男性であるジジが女子トイレでバタバタしているのですから。その白い視線にジジは冷や汗が出ました。


そして、3つ目でおママのバックが見つかったのです!
鍵や重要なキャッシュカードは入っていませんが、お財布には現金が入っています。大した額ではないのですが、やはり、見つかって良かったです。

 

 ⬇️診断前の話ですが、この時もトイレに忘れています。

harienikki.hatenablog.com

 

今後は…。
翌日、ジジはお疲れ気味の表情で私に言いました。
「こういう時は…、分かったよ。」
「はぁ、本当にお疲れ様でした。」
「おママがトイレに入る直前に必ずバックを預からないとね。トイレに入る時は、何も持たせちゃいけないんだ。」

そうですね。
しかし今までも何回かトイレに忘れていますから、預かった方が安心です。

ハンカチ1枚を持たせ送り出すのが一番かも。

 大丈夫な時もある。
大丈夫だろう。

おママは年が明けるとアルツハイマー認知症の診断から11年になります。
付き添う側がそのような希望的観測を持つ時期は過ぎてしまったのかも知れません。

 

 アルツハイマーではありませんが…。
私…、デパートのトイレに買ったばかりの物を入れた紙袋を忘れています。(戻って回収)

私もおママのことは言えません。外のトイレでは気をつけなきゃ。

 

 本日アップの貼り絵について
MOTEMASCARAの広告写真を切り抜いて作成したようです。
ここにも きびだんご のイラストが使われています。

マスカラと可愛い顔のイラスト。このギャップが新鮮かも?(^。^)

 

www.koeido.co.jp

flowfushi.com

harienikki.hatenablog.com

今日は長くなってしまいました。

読んでくださりありがとうございます。

おママの貼り絵を見てくださり、ありがとうございます。

 

 

はじめました

 

f:id:harienikki:20171212011417j:plain

(2017年11月15日  アルツハイマー認知症の診断から約10年9ヶ月)

 

「ねぇ、ここはどうしたら良いの?」

「だから…。」→限りなく面倒くさい様子のアズキ。

「これは…、どう書いたら良いの?」

「あのね〜。」→限りなく呆れた様子のアズキ。

私、娘のアズキの顔色を見ながら教えを請うておりました。

なにせ、SNS音痴。未知の領域ですから。1人で出来そうもありません。

 

四苦八苦の末、インスタグラムの登録をしました。

 

少しづつ「おママの貼り絵集」みたいな感じにアップできたら良いなと思います。

instagram.com

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

 

 

 

結婚おめでとう

f:id:harienikki:20171211004749j:plain

(2017年11月22日  アルツハイマー認知症の診断から約10年9ヶ月)

 

慶事

オネコの長男が結婚しました。

私にとっては甥っ子です。

とても遠方での挙式だったので、ジジ、おママも私も出席はできませんでしたが、

オネコがLINEで写真を送ってくれました。

それを見ると、幸せそうな、和やかな雰囲気が伝わってきます。

良かった。良かった。

 

でも、きっとね。

おママにも写真を見せたのですが、あまりピンとこないようです。

普段、オネコや私を娘と認識できないくらいだから、紋付を着たオネコが分かるはずもないですし、誰の結婚式かという事も分からないと思います。

ちょっと寂しいですが、仕方ありません。

 

甥っ子はジジとおママにとって初孫でした。産まれた時はとても喜んでいました。

彼が小さい時、おママは目に入れても痛くないほど可愛がっていましたよ。

その成長をいつも頼もしく思っていました。なんだか懐かしいな〜。

 

もし、おママがアルツハイマー認知症になっていなければ…、

喜び勇んで結婚式に駆けつけていたかも知れません。

 

話してもすぐに忘れちゃうけど、

とても可愛くて素敵なお嫁さんを得た事を、おママはきっと喜んでいると思う。

 

本日の貼り絵

この貼り絵は11月制作の中で、殊に美しい作品です。

私の勝手な思い込みですが、

おママの貼り絵が、甥っ子夫婦を祝福しているように見えます。

2人の結婚を祝し、末長い幸せと活躍を祈りながら、

今日、この貼り絵をアップします。

 

⬇️糊付けする前。これで良いか、まだ考え中のようでした。

糊付けしている間に、少し変化したようですね。

f:id:harienikki:20171211013234j:plain

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

手の込んだパーツ

f:id:harienikki:20171209175554j:plain

(2017年11月6日  アルツハイマー認知症の診断から約10年9ヶ月)

 

今日アップの貼り絵は問題作

  実のところ…、

私はこの貼り絵を「今月のイチ押し‼️」(11月版)にしようと考えていました。

オネコと話し合ううちに気が変わったのですが、この貼り絵は今もおママの「問題作」又は「野心作」だと思っています。

 

何がというと…。

ちょっと見はわからないのですが、手が込んでいるのです。

 

この日、私が作業机の上で見つけたのはこれ。⬇️ 貼り絵に使っているストライプの千代紙と四角い黄色の紙もセットされていました。

f:id:harienikki:20171210000453j:plain

これって、元はこちら⬇️  小津和紙で買ったもの。

f:id:harienikki:20171209185402j:plain

⬆️の千代紙の白い正方形の部分を、丹念に細い刀で切り抜いています。

そして裏からブルー系の紙を当てのです。

「お母さん❗️これは…。」

おママは自分でやった記憶がないから、「なになに?」と笑っていました。

 

私は今まで気になっていたのです。

よくおママは「眼が見えないわ〜」と繰り言のように言うのですが、

本当のところ良くわかりませんでした。貼り絵は何となくやっていますし…。

でも、これを見て確信しました。

 

「おママ…。わりと見えてるじゃん…。」

 

私は緑内障白内障を患っています。こんな事しようという気にはなれません。

でも、やりおおせてしまうおママの眼は、

少なくとも、私より眼が見えていますよね…。(^O^)

 

せっかくですから

おママは自分でこのパーツと配色を考えた千代紙などをセットにしておりました。

アルツハイマー認知症のおママはほんの少し前の記憶も保持できません。

ですから放っておくと、この労作とも言えるパーツが作業机の何処かにしまわれ埋もれる可能性もあるのです。

私はおママに「貼り絵をしましょう」という事は滅多にありません。

でも、このパーツだけは失くす前にハガキに貼って欲しかった…。

「お母さん。とても素敵ですよ。せっかく材料を用意しているのですから、ハガキにお貼りになったらいかがですか?」

「そうね。」

おママは満更でもなかったらしく、すぐに取り掛かってくれました。

 

制作過程

f:id:harienikki:20171209225507j:plain

昼ご飯の前に、30分ほどおママは悩みました。⬆️

ほとんどドツボ状態。

構成がまとまらなくて、作業を中断して食事をしました。

 

昼食後、作業机の上に途中の貼り絵を見つけたおママは、また挑戦し始めました。

しばらくして、私がのぞいてみると、こんな感じになっていました。⬇️

 

f:id:harienikki:20171209230031j:plain

えっ⁉️ 何貼っているの⁉️

四隅に貼っていたのは、湿布薬の裏に付いていたシートでした。

ま、良いですけど…。

どうして、そんな物まで取って置いたのかしら…。

どうして、そんな物まで貼る?

 

手も混んでいて、久しぶりに悩んだ末におママが仕上げた貼り絵です。

ファイルの中でこの貼り絵を見ると、今も私は胸が熱くなります。

 

harienikki.hatenablog.com

 おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございました。

これは何でしょう?

f:id:harienikki:20171207215757j:plain

(2017年11月13日  アルツハイマー認知症の診断から約10年9ヶ月)

 

珍しく台所で右往左往

   最近、台所に立つ気もなくなってきたおママ。

あ、おママだけではありませんね。私もです。

 

しかし、おママは元々食いしん坊だから、アルツハイマー認知症が進んできた昨年の夏頃までは、率先して昼食も夕食も野菜たっりのスープを作っていました。

それを思うと、寂しいものです。

 

昨日のおママは珍しかった…。

「何か、やるわ」と言いながら、昼食の準備をしていた私の後ろをウロウロしておりました。

すでに私はデザートの林檎を切ってむいていおりまして、白いお皿に盛り付けていました。

「これ、どうするのかしら?」

「あ、これをテーブルに持って行ってくださいな。」

「あっち?」

「はい、お願いします。」

「あー、これ、これ、何だっけ、あっちにやるのね。」

今年はおママの頭に中から、沢山の単語がこぼれ落ちたように思います。

せめて林檎くらい言えて欲しいです。私は無常感に襲われました。

 

クイズ

それで、酷だとは思うのですが、

私は林檎の盛られたお皿を両手で持つおママに

「これは何でしょう?」

と聞いてみました。おママは案の定、答えられません。

「あー、これはあれでしょう。ほら、あれあれ。」

そうです。あれですわ。ヒントを差し上げましょう。

「これって、ご飯かな?お菓子かな?果物かな?」

するとおママはピンときたようです。

「くだもの!」

そして、少し間を置いて「りんご!」と答えたのです。

「あたり!」

おママは「私って、しょうがないわね〜」と言いながら。嬉しそうに笑いました。

 

でも…。

  忘れていたのに、おママはよく導き出せたなと思います。

手掛かりがあれば、このように記憶の回路がつながる事もあるのかも知れません。

 

でも、でも…。

今回は、たまたま運良く単語が出てきたから、おママもスッキリしたと思います。

出てこなくても、おママはその事もすぐに忘れるとは思います。

しかし、やはりモヤモヤした不快感は残るでしょう。

忘れたものを無理に掘り起こさせる事は、おママを混乱させるだけかも知れない。

 

あまり考えもせずに、クイズもどきをしてしまいましたが、

どんなもんだか…。

私はちょっと反省してみたり、考えすぎだと思ってみたり…。

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

貼り絵と塗り絵

f:id:harienikki:20171206215907j:plain

(2017年11月12日  アルツハイマー認知症の診断から約10年9ヶ月)

 

 塗り絵はキライ

  7月から週に1度、2人で通うようになったデーサービス。生活サイクルに組み込まれて順調に続けております。

12月はクリスマス会など行事があるようですね。

 

毎月、スタッフの方はカレンダーの塗り絵を勧めてくださるようですが、ジジに言わせれば、

「おママは塗り絵を嫌がるんだよね。」

どうして、こんなに貼り絵をしているのに、塗り絵は嫌いなのだろう。

ちょっと不思議でした。

 

なぜキライ?

それでも、12月に入って最初のデーサービスの時、

おママは頑張って⬇️の塗り絵をやったそうです。

相変わらず、綺麗に塗っていますね…。

f:id:harienikki:20171207001712j:plain

 「色はおママが自分で決めたの?」

私が聞くと、ジジは首を横に振りました。

 

「いや。どうしたらいいか分からないって言うから、こっち(ジジ)で決めて指示したよ。正反対の配色にして見たんだ。」

 

トナカイのソリやサンタクロースもだいたいジジが配色を決めて上げたそうです。

それで、塗ったのはおママ。

 

(なるほど…。)

白地に黒い線で描かれた塗り絵に、1から色をつけていくのが辛いのかも知れません。どこからどう塗ったものか?途方にくれるおママの姿が目に浮かびます。

しかし、8月にデーサービスでやった時は自分で色を決められたそうなのです。

ちょっと症状が進んだのでしょうか?

 

でも、向き不向きの問題かも知れませんね。

実は、才能のない私も子供の頃はそのクチでした。

お絵描きと言えば、白い画用紙を前に途方に暮れ、

塗り絵をしようとすれば、何から何色で塗ったらいいか迷っていました。

 

おママの貼り絵は、初めから色のついた紙を使っています。

包装紙や広告写真などを、切ったり貼ったり色合わせをして構成しています。

 

塗り絵の沢山ある白い枠の中に、1から配色していくより楽しいのかも知れません。

思えば、おママの貼り絵は、おママにとって気軽にできる最も向いた技法(?)。

だからこそ、おママの貼り絵なのですね。

 

⬇️8月の塗り絵はこちら。

harienikki.hatenablog.com

 

 本日の貼り絵について

久しぶりに、私がGWに行った  草間彌生展 「わが永遠の魂」で買った折り紙を使っています。

左下の四角に「しのびがたい愛の行方」と書いてありますね。

それから考えますと、折り紙ではなく、折り紙の表紙でした。⬇️これです。

f:id:harienikki:20171206221737j:plain

この貼り絵にも「きびだんご」の包装紙がちょっとだけ使われていています。

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

 

 

師走の足音

f:id:harienikki:20171205233714j:plain

(2017年11月16日  アルツハイマー認知症の診断から約10年9ヶ月

千代紙ときびだんごの包装紙に有った小さな顔も3つ使っています。)

 

お薬の一包化

昨日は月に1度の診察の日。

と言っても、近所のかかりつけ医なので、ジジもおママも行きやすくて助かっています。

私は留守番をしていたのですが、なかなか2人は戻ってきません。

(いつもより時間がかかっているのかな?)

風邪も流行っていますし、インフルエンザも流行期に入りました。

混んでいたのでしょう。

ようやく帰宅したジジに聞いてみると、

「いや、薬局で時間がかかったんだよ。」

「あら、なんで?」

年末年始があるのでいつもより多く処方されたからでした。

しかも、2人とも一包化してもらうので、時間がかかったらしい。

 

ジジは血圧のお薬。

おママはメマリー、アリセプト、血圧のお薬。

 

1日分の錠剤を小さな透明の一袋にまとめてもらっています。

そうでないと、なかなか全部お薬を飲むことは出来ません。

薬局もお手間とは思いますが、本当に助かっています。

 

日付を書く

一包化されたおママの薬が40袋。

いつも処方されたらすぐ、オネコか私が袋一包づつに油性ペンで、これからの日付を書いていきます。

これは飲み忘れの防止と、忘れた場合はその事を把握しやすくするための作業です。

 

12/7  12/8  12/9  12/10  12/11  12/12……。

 

今回はやはり書きでがありました。年明け15日までですから…。

 

(次のこの作業をするのは、平成30年なのね。)

 

なんだか風情のない話ですが、

油性ペンで書く時のキュッキュッという音を聞きながら、

1年が過ぎゆく速さを感じました。

12月は師走。

あっという間に年の瀬になりそうです。(溜息)

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。