アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

防虫剤

 

f:id:harienikki:20170922003052j:plain

(2017年8月5日  アルツハイマー認知症の診断から約10年5日)

 

  昨日のこと(9月20日)…。

私が実家で貼り絵のファイルを開いて見ていたら、ふいにおママに声を掛けられました。

「ねぇー?」

私が振り返ると、おママは何かを差し出します。

「これは何かしら?」

その手元を見ると、防虫剤が…❗️ありました。

それは昔からあるパラゾール系のではありません。

2cm×3cm角で、中は赤いゼリーみたいな薬が入っています。

後でネットで調べて見ましたよ。それは、1年は効力があるというエンペントリン系の引出し・衣装ケース用の防虫剤…。

 

  私は一抹の不安を感じました。

「お母さん。これは防虫剤よ。」

「防虫剤か…。」

防虫剤の意味が分かっているのかいないのか?

私にはこの時、判然としませんでした。ただ、嫌な予感しかしない…。

「お母さん。これは何処にあったの?」

「うーん?」

最早、おママは何処から持ってきたかすら、記憶にないようです。(涙)

 

老婆心だとは思いましたが、一応釘を刺しておきましょう。

もし、見当識障害が少し前より進んでいたら、危ないかも知れません。

「お母さん❗️絶対にこれは食べないでね‼️」

すると、おママは仏頂面をして言い放ちました。

「分かっているわよ〜‼️」

嗚呼、おママごめんね。ちゃんと分かっていたのね。

防虫剤の何たるかを。食べられないって事も。

まぁ、私は心配性なんで…。(笑)すまん、すまん…。m(__)m

 

おママの貼り絵を見て下さり有難うございます。

おママの要介護認定No.9

f:id:harienikki:20170920224743j:plain

 (2017年7月8日  アルツハイマー認知症の診断から約10年5ヶ月)

 

契約を済ませましょう。

  デイサービスからスタッフがみえて、いざ契約です。

1〜2ヶ所本人がサインをしたらお終いで、30分くらいで終わると思っていましたが、誤算でした。2人分なんですね。


  施設の説明や重要事項などは2人とも同じですが、料金はジジが2割負担、おママが1割負担と異なります。結局、1時間以上掛かりました。

あまり大きな声では言えませんが…。(笑)

ジジは一生懸命聞いていましたが、私は眠気に襲われ、だんだん頭に霞が掛かって参ります。全部把握しきれません。付き添い人失格。(笑)


  署名箇所も5つくらいありました。高齢の方は御自分で書けない場合もあります。そんな時は、子などの家族でも良いようです。

でも、ジジとおママは一応書けそうなので自分でやってもらいました。

おママはジジが署名している様子を横目で見ては咎めます。


「ほら、ちゃんと読める字で書かなきゃダメよ。」
「手が震えるの!」
「そんな字ではなく、しっかり1つずつ書くのよ。」

ジジの悪筆は昔からだし、実際に手は震え気味ですから仕方ないのです。


そう言うおママは自分の苗字を
「なんだったっけ?」
と言う始末です。
『田中芙貴子』と最初に署名した所を見本にして、何とか全部終えることができました。きれいな字で書けるのですがね〜。

すぐに記憶がなくなるので、手こずりました。

 

ついにデーサービス・デビュー

  7月の半ばから、おママはジジと週一回デイサービスに行き始めました。
2人一緒なので、何とか嫌がらずに出掛けています。

一斉に行う体操時間とお昼やおやつ以外は各自好きな事をやるらしい…。

 

ジジはマシーンでの運動、写経、脳トレのドリルなどをやります。

しかし、おママは手持ち無沙汰になり、昼過ぎには帰りたくなるようです。
「ねぇ、もう帰りましょうよ。」
「あと、2時間まって。」
という会話を繰り返していました。


最近は慣れてきたのか、
「2人でオセロをするんだけど、毎回教えながら、おママが勝つようにやるよ。」
相変わらず、ジジはかなり頭を使っていますね。お疲れ様です。

 

介護保険の補助を利用し、玄関に手摺も付けました。

この夏、新たな今後に向けて、私達は動き始めました。

 

「おママの要介護認定」シリーズは今回で一段落です。

思ったより回数が長くなってしまいました。有難うございました。

これからも  「アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵」を

よろしくお願い申し上げます。

 

⬇️手摺を付ける件で、バタバタしてました。

harienikki.hatenablog.com

 

おママの貼り絵を見て下さり有難うございます。

 

おママの要介護認定 No.8

 

f:id:harienikki:20170919222947j:plain

(2017年7月27日  アルツハイマー認知症の診断から約10年5ヶ月)

 

 さぁ、見学です❗️
  私達はそれからデイサービスを3箇所見学しました。

日程調整などはケアマネージャーがして下さり、当日は施設から送迎のバスが出ました。本当に助かります。ジジとおママに付添いのオネコと私。

しっかり見学しました。

 

  一口にデイサービスといっても、3ヶ所ともそれぞれ工夫があり、全く違う感じを受けました。

あ、何が違うか…、ですね。

施設の雰囲気です。


3ヶ所とも施設の設備はキレイでした。スタッフの方々も感じが良く、利用者も皆さん穏やかでした。


のんびり和み系。

午前午後に体操を組み込んでいる身体を動かす系。

一斉に工作やレクリエーションを行う系。

どれも良いかなと感じました。

 

  しかし、現時点で3ヶ所とも、入浴サービスは定員一杯で無理というお話です。そうなると、施設の雰囲気にジジとおママが馴染めそうかどうか。これが重要なポイントだと思いました。

  夏でしたから皆さんと一緒に、おママに団扇工作をさせて下さる所もありました。知らない人達と一斉に作業を進めるのは、今のおママには大変だということも分かり、とても参考になったと思います。


  昼食の提供の仕方も違いがあるようです。

すでに詰めてあるお弁当が届けられる方法、

給食が届き施設で盛り付ける方法。

施設内で調理する方法。

どれも写真を見ると美味しそうです。

 

結局、決めたのは…。

  あれこれ考えた末に決めたのは、

午前午後に体操を組み入れて、軽い運動マシーンもある所です。

結果的には初心に立ち返り、ジジの運動機能をこれ以上落とさない為のプログラムを組んでもらえそうです。
おママも体を動かすのは大好きなので、体操は良いと思いました。

 

「出来そうな方にはお昼の配膳のお手伝いもして頂いてます。


見学の時に、利用者がご飯を盛り付けているのを見て、おママも何かお手伝い出来れば、気持ちに張りが出来るかもしれません。

 

そんなこんなで、私達はデイサービスを選びました。

 

おママの貼り絵を見て下さり、有難うございます。

おママの要介護認定No.7

 

f:id:harienikki:20170918235945j:plain

(2017年6月12日  アルツハイマー認知症の診断から約10年4ヶ月)

 

話は進む

   今回は事前にデイサービスや玄関の手摺の事などをお話ししていたからだと思いますが、要介護認定区分が決まると地域包括センターの方がみえました。


  まず、サービスを開始するにはケアマネージャーの事務所と契約が必要になります。その件でした。
「商店街にある、一番近くの所にお願いします。」
ジジとオネコと相談して回答すると、迅速にケアマネージャーから連絡が有りました。

  要支援は地域包括センターが、要介護はケアマネージャーが担当するらしい…。


しかし、ジジとおママは一緒にデーサービスに行く事を希望しているので、こういう場合は、地域包括センターがケアマネージャーの事務所と委託契約をし、ケアマネージャーが2人分のケアプランを作成するそうです。

契約や手続きは一気に進んで行きました。

デイサービスについて考えるが…。

「デイサービスについてご希望はありますか?」
ケアマネージャーに聞かれても、何分こちらも初めての事です。

雲をつかむような感じがして、首をひねるばかりでした。

取り敢えず、
週に一度、2人で通える事。
出来れば、ジジの足腰をこれ以上衰えさせないために体操や簡単なマシーンのある施設が良い。
尚且つ、おママが入浴出来たら良いのですが。

こんな所でしょうか?

 

「お二人一緒に通える所はここですね。」
7月初旬に、ケアマネージャーは可能な施設を3ヶ所調べて資料を持って来て下さいました。

でも、資料を見てもよく分かりません。
「まぁ、見学してみましょう。」
という事になりました。

おママったら…。(笑)
  このようなケアマネージャーとの話し合いには、おママも立ち会いますが、

今ひとつ、何故自分がデイサービスに行くのか分からないようです。


「私は別に行かなくてもね~。」


案の定、関係ないとやんわり主張したり…。(笑)


「でも、お母さん。お父さんは足腰が弱くなったでしょう。だから、少しでも良くなるために行くのよ。だから、お母さんも付き添って上げてね。」


そうオネコや私が言うと、
「あ、なるほど、そうね」
と合点してくれました。あくまで、ジジの付き添い。
それで押し通すのも良いかと思いました。

 

f:id:harienikki:20170624001357j:plain

この素敵な紙を材料にして、おママは貼り絵を作りました。

 

⬇️この貼り絵も仲間です。(使っている紙が同じです。)

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

 おママの貼り絵を見て下さり有難う御座います。

おママの要介護認定 No.6

 

f:id:harienikki:20170918001425j:plain

(2017年6月20日  アルツハイマー認知症の診断から約10年4ヶ月

7月6日に写真を撮っている時に、おママはこの貼り絵を見て「なんか手を加えたい」と言い出しました。しかし「まぁ、これはこれでいいわー」と自問自答して、そのままにしました。)

 

決定❗️
6月末、実家の郵便受けに封書が2通入っていました。
「来た❗️」
新しい介護保険証です。
「開けるわよ〜❗️」
私はジジに断ってから、ハサミを取り出しました。


  私の希望的観測では2人とも要介護1で並ぶのではないか?何気、封書を開封しながらドキドキしました。しかし、これで胸が高鳴るようじゃあ、私もババァの領域に足を突っ込んでおりますね。(笑)

それで、結果は…、
ジジは要支援1、
おママは要介護2。

一瞬、私は目眩がしました。シルバーカーが無いと外歩きは厳しくなっているジジが要支援…。しかも1?


おママは要介護2に上がってる…。
別に上がる事は差し支えないのです。何がショックかといえば、第三者の客観的な目で見て、おママの認知症はかなり進んだと宣告されてしまった。そう感じたのです。
「なんで…。」
しかし、打ちのめされていたのは私だけです。ジジはそれほど感じていないようだし、オネコは「やっぱり、そうなのね〜」くらいの反応でした。

その後、知人、親戚数名から話を聞くと、歩行が全く出来ないなら話は別ですが、認知症が無い方は要介護にならないケースが多いようです。

 

その違いとは

要支援というものは、日常生活上の基本動作はほぼ自分で行う事が可能だけど、介護状態にならないための支援が必要な状態を言います。(2区分)


要介護は日常生活上の基本動作の能力がさらに落ちて、援助の必要な状態をいいます。(状態によって5区分に分けられている)

 

うーん。
確かに、ジジはまだ要支援ですね…。(苦笑)

兎に角、これで2人とも介護区分も決まりました。
少しでも安全な環境作りとして、玄関周辺に手摺を付けよう。そして2人揃って週1回デイサービスに行く事も検討し始めました。

 

おママの貼り絵を見て下さり有難う御座います。

おママの要介護認定 No.5

 

f:id:harienikki:20170917003840j:plain

(2017年7月5日  アルツハイマー認知症の診断から約10年4ヶ月)

3度目の面接調査

   話はとんとん進んで、6月の中旬に認定調査の方がみえました。

私はあいにく仕事の都合がつかず、オネコが2人の調査に立ち会いました。

以下はオネコのメモを基にしています。聞きながら書いているので、質問の全てを網羅しているとは言えませんが、オネコの印象に強く残ったものは書き留められています。
緑色の字は認定調査員の質問で、赤い文字がおママの答えです。

 

「お名前は?」「フキコです。フは草冠の芙です。」
やはり、現姓の田中は出てこない。

「お誕生日は?」「11月1日と思う。」
正解!

「夜は眠れますか?」「おしっこは近いです。」
おしっこは近くて眠りは浅いという意味でしょう。しかし、おママはよく眠れる方で、これはまさにジジの事。

「何歳ですか?」「何歳だっけ?」とジジに聞く。そして、「この人より5、6歳下です。」
確かにジジより6歳下。

「住所、電話番号は?」→言えた‼️長年身についたリズムのように口をついて出てきた感じ。

「今日は何日ですか?」「ねぇ、何日だったっけ?」とジジに聞いた。

「今、季節はいつですか?」「暑くないし寒くないし…。」少し考えてから、「お昼じゃなくて、朝のお昼にかかる頃。」
考えているうちに何の時期を聞かれているのか分からなくなった模様。しかも実際は午後2時過ぎでした。

「お食事はとりましたか?何を食べましたか?」「朝は食べました。なにを食べたかな?」とジジに聞く。そして「昼は食べてないんじゃない?」
本当はお昼ご飯もちゃんと食べてます。

「今誰と暮らしていますか?」「この人です。」
そう言ってジジを指さします。ジジと自分の関係については曖昧なので、調査員の方は次の質問をしたのでしょう。

「その方は誰ですか?」「う~ん。」
おママは首を傾げる。答えられない。

「その方のお名前は分かりますか?」「う~ん。あっ、ともひさたろうです。」
調査員の方は少し驚いた様子なので、オネコがフォロー。「友久は母の旧姓で、母の兄も同じ太郎という名前です。 」
するとおママは
「そうよね~、同じ名前なのよね~」
と思い出す。

ジジについては認知症はないので、簡単に歩けるかどうかの確認だけでした。室内でも掴まり歩きや杖をついている事は見て頂けました。

 

メモを読んでみて、
「やっぱり、おママは随分進んだなぁ」
と、私は溜息が出ました。
分かってはいる事ですし、驚きもしませんが、
改めて現実を突きつけられた思いがしました。

 

おママの貼り絵を見て下さり、有難う御座います。

おママの要介護認定 No.4

 

f:id:harienikki:20170916001925j:plain

(2017年5月15日  アルツハイマー認知症の診断から約10年3ヶ月)

 

2年間と言うのは長いようで短いものです。

   今年の6月、おママは2度目の介護保険の更新時期を迎えました。
何のサービスも利用しないまま月日が流れたので、更新するのも気が引けます。
しかし、ジジ、オネコと3人で話し合い、更新する事にしました。


  理由はこの2年の間におママの記憶障害はより酷くなり、夫を夫として、娘を娘と認識していないのではないかと思う事が増えたからです。
   それと同時に、ジジの足腰が弱くなり、シルバーカーや杖がなければ外を歩く事も難しくなりました。


「ジジだって今回は申請して、介護区分の認定を受けた方が良いよ。」


89歳ですもの。1回転んだだけでも、後の保証はありません。


   実はこの夏、ジジは仕事を引退しました。仕事仲間に完全に引き継いでもらうことになり、私も同時に退職しました。


   そうなりますと、私がこれまでのように週5で実家に詰める事は出来ないので、週一度でも2人一緒にデーサービスに行かれたらと思ったのです。

 

2人一緒に行けたらね❗️

知人からこんな話も聞きました。

「リハビリ系のデーサービスもあるわよ。うちの父は少しずつ動けるようになってきたもの。」


良いな〜。ジジの足腰は回復に至らなくても、現状維持が目標❗️これ以上、弱らなければ本人にとっても家族にとっても御の字です。
「ジジの現状からしたら、要介護1はつくんじゃない?」
「どうだろうね〜。支援くらいじゃない?」

希望的観測で期待に胸を膨らませる私に対して、オネコはリアリストでした。

「書類はどこに取りに行くんだっけな〜。」
2年前のこととなると、案外オネコや私でも記憶が曖昧です。(笑)それで、6月が近づいてもグズグズしておりました。


   ところが、折良く今回は地域包括支援センターから更新のお知らせの電話がありました。

渡りに船です。

ジジは自分も申請したいと伝えてくれました。それで、直ぐに地域包括支援センターの方が申請書類の準備や申請手続きを助けてくれたのです。

丸3年、介護区分認定は受けながらはっきりしなかった私達ですが、今回は本気でした。

 

おママの貼り絵を見て下さり、有難うございます。