アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

物語の続きは「千客萬来」

f:id:harienikki:20181214145139j:plain

(2018年10月28日  アルツハイマー認知症の診断から約11年8ヶ月)

 

このところ東京は一気に冷え込んで寒くなってきました。そのせいか、体調を崩している人も多いようです。

何を隠そう、私も喉は痛いし頭の芯が痺れるような鈍痛があります。(°_°)

皮下脂肪たっぷりの私でも寒いのですから、

痩せて肉のないジジは着込んでも着込んでも寒いようです。

それでもジジとおママは元気です。さすが長寿なだけありますよ。(^O^)v

 

本日アップの貼り絵 (^_^)

 

「何だろう、この貼り絵は…。

可愛いといえば可愛いけど…。

おママさん…。大雑把に切って貼っただけに見えるわよ。」(°_°)

 

この貼り絵を最初に見た時、私はこんな風に思いました。

 

ご存知、ティッシュボックスを使っていますが、この箱は割と以前の物だと思います。長らくおママの作業机の周辺に転がっていました。

それが、このほど日の目を見たのですが、厚紙なので重ね貼りには向きませんわ。

そこをおママは強引にやってしまうのですね。(^O^)

 

しかし、私は暫く見ているうちに、これは無造作にイラストを組み合わせたのではなく、おママなりにストーリーを持って貼り合わせたのではないかと思い始めました。

 

森の木立の間から、風船が立ち上り、

空には自由を謳歌する鳥が羽ばたいています。

動物たちはピクニックでしょうか?

おや?

福を呼ぶ招き猫ちゃんもきましたね。

 

私の娘のアズキに言わせると

「(おばあちゃんは)絵本を読んだんじゃない?」

そうですね。絵本のような貼り絵です。

 

ところが…、この貼り絵はそれだけではなかったのです。

写真撮影のためにファイルから取り出し、制作日を確認しようと裏返したら‼️

⬇︎これです。これですよ〜。 *\(^o^)/*

 

絵本の物語は裏に続いていたのです。

 

f:id:harienikki:20181214145250j:plain

 

招き猫の正面の丁度裏側に、後ろ姿が貼られているのです。

位置が合うように張り合わせた時、おママは嬉しかったと思います。

「してやったり❗️」

と1人で高笑いしたかも知れませんね。(o^^o)

 

まねきねこあられ

福を呼ぶ招き猫は小さなお煎餅の個別包装袋です。

そのお煎餅は、絵画教室をやっている友人から、春に幾つか頂いた物です。

それから半年以上経ってます。

(まだ取ってあったのね❗️)

 

京菓子富久屋というメーカーの「まねきねこ あられ」というお煎餅で、袋の表はネコの真正面、袋の裏側は猫の後ろ姿が印刷されています。

そして、背中央に「満願成就」「一攫千金」「千客萬来」とか、御利益ありそうな四文字熟語が書かれていました。

item.rakuten.co.jp

⬇︎こちらのサイトを開き、ずっと、ずっと、ずーっと下までスクロールすると、

まねきねこあられ」の詳細が見られます。

item.rakuten.co.

 

今年の春に、おママは⬇︎下記の貼り絵を制作していますが、この時は何故か後ろ姿だけでした。

harienikki.hatenablog.com

 

アルツハイマー認知症になって記憶力、認知力が落ちても、

案外その瞬間はしっかり考えているようです。

この貼り絵を見て、改めて再認識しました。

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

 

バトンタッチ❗️

f:id:harienikki:20181212234311j:plain

(2018年9月25日  アルツハイマー認知症の診断から11年7ヶ月) 

 

得意分野でも…。

おママは一昨年の秋頃から料理はできなくなっています。でも、アルツハイマー認知症になっても、食器洗いはお得意でした。

この、「でした」と言い切れるような、言い切れないような、そこが悩ましいところです。

 

今まで、洗い上げた食器を濡れたまま食器棚に入れる事はよくありましたが、洗う事自体はキチンと出来ていました。

しかし。2ヶ月くらい前から、それが怪しくなったのです。

 

 

洗わない⁉️

私が昼前に実家に着くと、台所には朝の汚れた食器が置いたまま。そんなことが何回か続きました。

しかし、いつもではなく、ちゃんと出来る日もあるのです。

 

油まみれ⁉️

おママが洗った食器を手にした時、妙に滑るような嫌な感じがしました。私は食器と自分の手をよく見ますと、油汚れがべったり残っています。

しかし、いつもではなく、ちゃんと出来る時もあるのです。

 

見張っていると

11月はそんなこんなが続いたので、私は昼食後におママが食器を洗う時に何回か側で見守ってみました。おママにしたら見張られるようで嫌な感じでしょう。

(ごめんなさいね。)

 

1度目の時は、

油でギドギドしていても、おママは洗剤をつける気が全くなかった⁉️

 

また別の時は、

「油汚れには洗剤をつけてね」

と私に言われたおママは、

「知っているわよ」

と言いました。そして、皿に洗剤を直接ダーッと出して、掌で直にこすり洗いを始めたのです。私がショックを受けて

「お母さんスポンジを使ってよ」

と大きな声を出したら、

おママは平然と言いました。

「あら、私はずっとこうして洗ってきたのよ」

本当はスポンジで洗剤を泡立ててから、こすり洗いしてました。おママは洗剤の使い過ぎには気を付けていましたから。

おママの掌は洗剤と油汚れでドロドロになりました。(°_°)

でもね…。

ちゃんと出来る時もあるのです。(^O^)

 

この出来る時と出来ない時って、脳味噌の動くメカニズムは、

何がどう違うのか~⁉️  (°_°)

 

作戦を立ててみる

つまり、もう、おママに汚れが激しい鍋や、こびり付きや油汚れのひどい食器は任せられないと、私は判断しました。

調理に使用した鍋などは、調理が終わり次第、私が食べる前に洗って仕舞いましょう。食器は昼食後におママが台所に入る前に私が洗ってしまう手もあります。

(おママの仕事を奪うようだけど、仕方ないかな…。)

安直ではありますが、そんな風に思いました。

 

やはり折衷案で

そんな事を考えながら、私は昼食後早々、台所に立ちました。

すると追いかけるようにおママもやって来て、

「あら、あなた、そんな事しなくていいのよ。私がしますから、置いておいて、あなた、そんな事、いいのよ」

と言い募りました。

やっぱり…。

おママは自分のやれる仕事はやりたいのね。

まぁ、人として、おママの気持ちは当然の事でしょう。私の思惑は完全に私の都合ですから、少し考え直してみる必要もありそうです。

 

私は洗剤のついたスポンジでフッ素加工のフライパンを擦りながら思案しました。

(私が洗剤で汚れを落として、おママにはすすぎをしてもらおうか。

ちゃんと洗いたい私と、お仕事をしたいおママ。丁度いい落し所ではないか…。)

 

「じゃぁ、交代ね。バトンタッチよ。」

「バトンタッチ⁉️」

おママは笑いながら食器についた洗剤を流し始めました。

 

最近はこのバトンタッチ方式か、鍋などは料理ができてすぐに私が洗い、おママには洗い易い食器だけ、食後に残すようにしています。

 

少しでもおママが仕事を続けられるように工夫していかないと、結局何も出来なくなってしまいそうですもの…、ね…。

 

本日アップの貼り絵

春頃に作業机周辺から見つけた不思議な紙を使っています。

f:id:harienikki:20181212234512j:plain

 中央の緑色は、おママは認知症になる前に自分で染めた紙を切ったものです。

f:id:harienikki:20180331211732j:plain

⬇︎同じ紙を使った仲間です。

harienikki.hatenablog.com

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

これはこれで❗️

f:id:harienikki:20181211001428j:plain

(2018年11月14日  アルツハイマー認知症の診断から約11年9カ月)

 

今年は師走に入ってもキリッと冷えなかった東京。漸く冬らしくなって来ました。

あと20日でお正月が来るなんて、信じられません!(°_°)

 

私の大好きなフィギュアはグランプリファイナルが終わりました。

今年の女子シングルは紀平梨花選手が優勝‼️

おめでとうございます。㊗️👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏

 

紅葉の貼り絵(第2弾)

今回アップした貼り絵は⬇︎こちらの記事の作品とは姉妹関係にあたります。(^O^) 

制作日も同じですが、どちらが先だったのかは不明です。

harienikki.hatenablog.com

 

中央の紅葉の写真の色彩が四方を囲うブルーに映えて、更に鋭角の茶色い三角を配置するあたり、おママの構成力はなかなかなものだと思います。

写真撮影の時も、タブレットで写真をひらいても、つい最近まで私は別に何も感じませんでした。

ところが、いざアップしようと思って見返した時、私はある事に気がつきました。

 

「これはもしかしたら…何か足りないかも❗️剥がれたのか?それとも貼り忘れたのかしら?」

 

あれこれ推測してみる

本日アップの貼り絵で、私がなぜ上記のように感じたか…。

それはこのブログで紹介する貼り絵の多くが、左右、上下対称だからです。

おママはシンメトリーに並々ならぬこだわりがあります。

それから考えると、パーツが1つ足りないのではないか?

もしかしたら…、当初のおママのデザインはこんな風だったかも知れません。

⬇︎

f:id:harienikki:20181211022013j:plain


右上の角を落とした水色の四角形が、左下(❓マークのついた場所)にも配置されれば、おママの大好きなシンメトリーは完璧になります。

 

私の推測の域を出ませんが、

おママは単純に貼り忘れただけでなく、元々の自分のデザインをも忘れてしまうのでしょう。だからパーツが1枚失くなっても、気が付かないのかしら⁉️

 

しかし、トップの貼り絵にはあまり不自然さもなく、これはこれで良いようにも思います。

 

娘のアズキは余り先入観がありませんから見てもらうと、

「川辺ですか?」

と言うのです。青系のパーツが川のせせらぎに見えたらしい。

「四角は右上だけで良いんじゃない? その方がワンポイントって感じだし、動きを感じるよ。」

 

アズキの意見を聞いて、一理あると思いました。

私は考え過ぎていたのかも知れません。

 

おママはシンメトリーにこだわりつつも、パーツを貼り忘れる事はよくあります。

一方で、最近はシンメトリーを目指しながらも、どこかに狂いが生じてシンメトリーに出来なくなってきています。(出来る時もあります。)

 

今日アップの貼り絵がどちらの例かは分かりませんが、

これはこれでいいのだ。(^O^)

そう考える事にしました。

 

 

⬇︎今日アップの貼り絵は、仙台の阿部蒲鉾店の包装紙を使っております。

f:id:harienikki:20180814230855j:plain

 

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

 

 

 

ジグゾーパズル 3

f:id:harienikki:20181208231749j:plain

(2018年9月21日  アルツハイマー認知症の診断から約11年7ヶ月)

 

デイサービスでの挑戦

おママはパズルをやれば、出来るのです。

だから、デイサービスでは、おママにジグゾーパズルに取り組んで欲しいと、ジジは思っています。

でもね…、その取っ掛かりが大変。やる気にさせるのはどうしたら良いのでしょう。

そこで、ジジは「一緒にやる」という方法を自ら採用しました。

 

先日、ジジが嬉しそうに話してくれました。

 

「ちゃんと数えてはいないけど、150ピースくらいのジグゾーパズルが有ってね。いままで何度もやっていたんだが、時間切れで出来上がらなかったんだよ。それが昨日は出来たんだ。最初は2人でやっていたんだよ。そうしたら、後から『何してんの?』と他の人も加わって、3時間くらいで完成させたよ。」

 

150ピースくらいのジグゾーパズル  は若い人にとっては苦もなくできるでしょう。でも、高齢になると骨の折れる仕事です。

特にデイサービスの場合は、お帰りの時間がくればタイムアウトですから、ピースが多いジグゾーパズルは出来上がらない事が多いのでしょう。

でも、話を聞いているとママのためだけでなく、ジジも「完成させてみたい」という気持ちが強くなったのかも知れませんね。(^。^)

 

「それで、やっと出来上がったから、スタッフに写真を撮ってもらったんだ。」

 

それがこちら。⬇︎

f:id:harienikki:20181208233400j:plain

 (2018年12月4日撮影)手前の両端がジジとおママです。

 

プリントアウトした写真を私がさらにスマホで撮影しているので、ジグゾーパズル  がはっきり見えていないのが残念ですが、皆さん満面の笑顔でした。

 

「これ、どこのかしらね?」

「あーー! はまったわよ。」

「この隣はこれかな?」

こんな風に、皆んなでワチャワチャ話しながらやっているのが目に浮かぶようです。

 

ジグゾーパズルって一人で集中してやったら、完成時の達成感は半端ないですね。

でも、こんな風にグループでやると、皆んなで話したり、手を動かしたり、目で見て考えてみたり、きっと楽しいでしょう。

写真を見ていて、

ジグゾーパズル  ってコミュニケーションツールにもなるんだなぁと思いました。

(^O^)/

 

harienikki.hatenablog.com 

harienikki.hatenablog.com

harienikki.hatenablog.com

 

おママの手仕事

11月、おママはデイサービスで⬇︎こちらを作りました。

簡単な押絵細工です。モチーフは来年の干支です。綿(?柔らかくフカフカした素材)を貼り付けた台紙を、縮緬でくるんで貼り付けています。

イノシシや松の形がしっかりと出来ていました。おママは今でも手先は器用なようです。(^O^)v

f:id:harienikki:20181208233901j:plain

 

f:id:harienikki:20181208233934j:plain

 

 

本日アップの貼り絵

ブルー系の菱形は阿部蒲鉾店の包装紙を使っています。

下記の公式サイトを見ると現在の包装紙のデザインが違うようです。恐らく、おママが使用した包装紙は何年も前からから実家にあったのだと思います。

f:id:harienikki:20180814230855j:plain

 

www.abekama.co.jp

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

フレンドリーおママ❣️

f:id:harienikki:20181206223206j:plain

(2018年10月17日  アルツハイマー認知症の診断から約11年8ヶ月)

 

一緒にお買い物…。

おママと一緒に歩くと、いろいろ発見があって面白いです。

おママって意外と(って事もないか…⁉️)フレンドリーなんですよ。(^O^)v

心の琴線に触れると、屈託なく知らない人にも声を掛けてしまいます。

お母さんに連れられた小さなお子さんをを見れば笑顔で手を振り話しかけたり…。

 

例えば…、

スーパーのレジに並んでいる時、すぐ前の男性(オジさん)のカゴには食品やビールなどが山のように入っていました。おママはその買い物の多さに感嘆し、

「まぁ❗️たくさんですねぇ〜❗️」

と無邪気に話しかけていました。

しかし…、その男性にしてみれば、買い物が多かろうが少なかろうが、大きなお世話です。実際、この方は返答のしようもなかったようで、あまり反応もせずに立ち去って行かれました。

それでも、これくらいなら、まだ良いのですが…。(°_°)

 

それは誤解を招くぞ…。(°_°)

私はおママと商店街を歩いていました。

通りに面したビルに清涼飲料水の自動販売機があります。設置場所の地面が水平ではなかったのでしょう。高さ20cmくらいの頑丈な鉄の台に設えていました。

そんな事情があるので、この自動販売機は通常より背が高く見えます。

おママはそれに着目して立ち止まり、「あら〜‼️」と感嘆していました。

 

すると、折しも制服を着た男子高校生が通りがかり、飲物を買おうとその自販機に近づきました。

彼…、ちょいと小柄なのです。

それで、私の目にもこの自販機が余計に大きく見えてしまうのですね…。

「あら〜‼️」

おママはフワフワとこの男子に近づき笑顔で話しかけました。

 

「背が高いわね〜❗️」

 

私は一瞬、固まりましたよ。(°_°)

小柄な人に「背が高いわね」と言うなんて…。

 

いえいえ、私は分かりますよ。おママが自販機の大きさの事を言っていると…。

でも、おママは男子高校生の顔を見て言うのです。

自販機の話とは思ってくれないかも知れません。

当然な事ですが、彼は眉間にシワを寄せて小首を傾げていました。

おママは更に駄目押しするように、今度は自販機を指差しながら、彼に話しかけました。

「ねぇ〜、背が高いわね。」

「………。」(°_°)

私は我に返り、おママの上着袖を引き、自販機から遠ざけました。

この男子高校生は無言で、私達を意識しない風を装って立ち去りました。彼をおママと見送った私は、きっと取り繕うように引きつった笑顔をしていたでしょう。

(御気分を悪くしていたら、申し訳ありません。)m(_ _)m

 

突然の発言だと…。

おママは知らない人にもフレンドリーに話しかけてしまう…。

私自身がこのような場面に何度も遭遇し始めたのは、半年くらい前からでした。秋になって、おママと一緒に買い物に行く機会が増えたから、余計に感じるのだと思います。

 

これって、おママの認知能力が更に衰えてきたのも原因の一つでしょう。

大概は笑って済ませられる話題だとは思いますが、突拍子もなくセンシティブな内容に、ズバッと切り込むのは勘弁してもらいたいです。(^_^)a

 

大概の方は、こちらが高齢女性なので、ムカついても見逃して下さると思います。

私が一緒にいればフォローもするし、相手の方が気分を害されたら、謝って説明もします。

ただ、おママが突然口走る言葉を、私が予測して防ぐことは難しい…。(°_°)

これはおママだけの問題かも知れません。

でも、もし、皆様がこんな高齢者に遭遇したら、温かく見守って頂けたらと思います。

 

本日アップの貼り絵

画面の中の花と葉は、⬇︎の冊子の表紙から取りました。

これもオネコが持ってきてくれました。元は化粧品メーカーHABAの冊子です。

台紙はいつものハガキではありません。

どうも、制作時におママはいつものハガキを見つけることが出来なかったようです。

一筆箋で代用したのですね。(^O^)

枠線、罫線が上手く生かされていると思います。

f:id:harienikki:20181206225342j:plain

 

 ⬇︎HABAのサイトです。

www.haba.co.jp

おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

紅葉の季節 ❗️ 皇居乾通り一般公開に行きました。

f:id:harienikki:20181205021008j:plain

 (2018年11月14日  アルツハイマー認知症の診断から約11年年9ヶ月)

 

番外編です。

平成最後の秋…。

このところ、枕詞のように何にでも「平成最後の〜」が付きますね。

そんな世間に迎合するわけではないのですが、(^O^)a

昨日(12月4日火曜日)に平成最後の皇居乾通り一般公開に行ってまいりました。

えっ…、あ……。ジジとおママは一緒ではなく、私は身軽にささっと行ってきました。申し訳ない…。m(_ _)m

 そう言えば…、初めてこの一般公開が始まった平成26年12月に、ジジは写真サークルの人達と行っています。

 この時は天皇陛下卒寿記念で公開されたので、1年限りという触れ込みでした。そのため平日でも大変な人出となり、ジジはお仲間と一緒に長時間並んだそうです。

その結果…ジジは疲労から足や腰が痛くなりましたっけ…。(°_°)

 

 今年の一般公開は12月1日から9日まです。

入場は午前9時から午後3時。

詳しい案内などは⬇︎のHPをご参照くださいませ。 

皇居乾通り一般公開について - 宮内庁

 

私は東西線大手町駅から15分ほど歩いて坂下門へ向かいました。

入場の前に手荷物検査と金属探知機のセキュリティ検査があります。

私は難なく安全な人間と認められ、(^O^)v  イザ❗️

 

9時の開門と同時だったので、並ぶこともなく、あまり混雑もせず、良い感じで見学できました。残念だったのは薄曇りで青空ではなかったことでしょうか…。

入場したら左手に宮殿を臨み、宮内庁庁舎の前を過ぎて乾通りに向かいます。

私は乾通りの途中から右に曲がって、いつも一般公開されている皇居東御苑方向に出てしまいました。でも乾通りの紅葉をを満喫するのなら、乾門まで行く方が良いようです。

f:id:harienikki:20181205021936j:plain

 色とりどり❣️

f:id:harienikki:20181205031811j:plain

 (局門)

f:id:harienikki:20181205031134j:plain

(道潅濠)
 

本日アップの貼り絵

今の季節にぴったりな貼り絵です。

中央の紅葉の写真はどこから取ったのか不明です。斜めにラインは印刷された細いラインを切り抜いて貼ったようです。

不明なことばかりですが…四隅の花柄は何でしょう…?

私はどこかで見たような気がしますが、思い出せませんでした。

これは透明な包装材です。でも、これが何を包装していたのか、12月3日まで私はわかりませんでした。

 

f:id:harienikki:20181205024840j:plain

(2018年11月14日撮影)

 

 ところが…、ようやく分かったのです。

おママとオヤツにチョコレートを食べていたら、「あれ⁉️」と思いました。

 

これって、チョコレートの包みだったのですね。(名糖  まろやかミルクチョコレート)⬇︎

f:id:harienikki:20181205025058j:plain

(2018年12月3日撮影)

 

チョコレートを堪能した後、

 おママは丁寧にシワを伸ばして平らにしていました。⬇︎ 

f:id:harienikki:20181205025144j:plain

 (2018年12月3日撮影)

 おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。

記憶について No.31(日常的と非日常的)

f:id:harienikki:20181202223554j:plain

(2018年10月13日  アルツハイマー認知症の診断から約11年8ヶ月)

 

おめでとう㊗️

ジジとおママに、曽孫ちゃんが生まれました❣️

あっ、因みに私の孫ではありませんよ。アズキはまだまだ…。(^。^)

オネコのお孫ちゃんです。

遠くに住んでいる甥に、可愛い男の子が生まれたのです。

まだ、写真を見せてもらっただけですが、甥と奥さんの良いとこを足して2で割ったような、イケメン君です。

 

健やかに育ち、幸運に恵まれますように❣️

 

ジジとおママもそのうち会えたら良いね。

 

 どっちの記憶⁉️

先月、この甥が久し振りにジジとおママを訪ねてくれた時の事です。

オネコから聞いた話ですが…。

おママは甥を見て、

「あんなに小さかったのに、こんなに大きくなって」

とか、

「(顔や雰囲気が)小さい時のまま…」

と言っていたそうです。

 

その話を聞き、私は「えっ⁉️」と思いました。

 

おママは滅多に会う事の出来ない孫を、孫と認識していたのかしら?

それとも、顔を見て何となく記憶の断片が繋がったか?

確かに…甥は今も子供の頃の面影たっぷりですが…。

 

おママは、いつも頻繁に会っているオネコや私を娘と認識していなかったり、ジジを夫と思っていない事が多いのです。

 

だから、しっかりと子供の頃の甥を思い浮かべながら再会を喜んだとすれば、おママの記憶の中に、何らかの強烈な印象が刻まれているのかも知れません。

 

「おママにとって、初めての孫だし、自分の子供は女の子しか育ててこなかったから、男の子の世話が珍しかったのだろうね…。」

私がオネコにこう言ったら、

「おママもその時、そんな事を言っていたのよ…」

ですって…。(^O^)

 

お腹を痛めた我が子を育てた記憶は殆ど出てこないのに、孫の方が若干残っているってどういう事なのでしょう。(^。^)

 

我が子の子育ては長い期間に亘り、日常的に必死でやってきた事。

でも、別々に暮らしている孫の世話は、おママにとって非日常。そう頻繁ではなかったと思います。

もしかして、珍しい非日常的な事だから、より強く記憶に残っているのでしょうか⁉️

 

考えてみれば普通の人でも、鮮明な記憶って、非日常的な事が多いですね。

むしろ、習慣以外の日常的な出来事は記憶に残りにくいのかも知れません。

 

でもさ…。(°_°)

今も昔も日常的な方に分類されて、忘れられてしまう私としては、

ちょっと切ないものもありますわ…。(^。^)

 

本日の貼り絵

赤ちゃんとご両親に、お花を届ける気分で選んでみました。

f:id:harienikki:20181202223921j:plain

デイサービスで頂いた千代紙を使っています。

 ⬇︎仲間です。(^O^)

harienikki.hatenablog.com

⬇︎お馴染みのティッシュボックスのお花を使いました。最近、箱のデザインがリニューアルされたようで、配色が変わってしまいました…。ちょっと残念。

f:id:harienikki:20171031231602j:plain

 おママの貼り絵を見て下さり、ありがとうございます。