アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

おママの思いを考えてみる

言葉

『おママ』というのは、母の愛称です。 ジジ、オネコ、私が母を話題にする時、『おママ』というのです。 (2017年3月13日 診断から約10年1カ月 振り子の時計見たいですね〜と私が言ったら、そうかしら?とおママは笑っていました。) 私は実際、お…

年賀状

<四角の細かいパーツの配置にはものすごくこだわっていました。> (2017年3月6日 診断から約10年1ヶ月 ) 貼り絵のファイルを開いて、おママと新作を眺めながら話していると、「あれっ?」貼り絵ではない葉書が混ざっているではありませんか。それ…

貼り絵は救い(2007年の事)

最近、2007年当時の事をオネコとよく話します。 なにせ、10年前ですから、曖昧な事も多くて、確認し合わないとなりません。(笑) 2007年から数年間にオネコが書き留めていた記録が有るのです。 だから、私も何とか自分の記憶を掘り起こす事が出来ま…

とにかく貼り絵を…。(2007年2月)

また、10年前の診断直後の話になりますが…。 (2007年2月 診断直後) 初診でアリセプト3mgを3週間処方されたおママは、目立った影響もなく服用しておりました。これには私達も胸を撫で下ろしました。 しかし、おママ自身は当時の短い日記に『イライラす…

おママの思いは…。

私は今でも、この当時のおママはアルツハイマーの初期だったと考えています。 なぜなら、この時期のおママは自分のすべての行動を忘れたわけではありませんでした。 この日、おママはどう感じたのでしょうか?どう受け入れたのでしょうか? 最近、私はこの事…