読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルツハイマーとともに〜おママの貼り絵日記〜

アルツハイマーの母が作った貼り絵たち。

お宝たち

おママはいつも気に入った紙を貼り絵に使います。 それは包装紙だったり、雑誌の切り抜きだったり…。 私やオネコが素敵だと思って進めても、 おママは興が乗らなければ絶対に使いません。 最近、私が持ってきた千代紙を使ってくれましたが、これは珍しい事で…

背は?

昼食後、私がトイレからダイニングに戻ると、 おママは新鮮な眼で迎えてくれました。さっきまで一緒にお昼を頂いてましたが…。(笑) (2017年1月27日 診断から約10年) そして、嘆息を漏らしながら言うのです。「あら〜。あなたは背が長いのねぇ。…

まだよ!

私がおママの貼り絵のファイルを開いて写真を撮ろうとすると、 おママは嬉しそうに近寄ってきます。それはいつもの事です。 この日(1月28日)最新作はこれです。 私がファイルから出してパシャっと撮影終了。すると、突然おママが言いました。 「これは…

めぐり

お風呂に入ると血の巡りが良くなると言われますが…。おママも風呂上がりはサッパリして、全身活性化するようです。 いつものように1人でお風呂に入ったおママは、洗っているかどうかは定かではありません。しかし、よく温まったのでしょう。血の巡りは確実…

イチョウ葉(2007年)

これは2007年、診断された頃のお話です。 「認知症にイチョウ葉が良いんだって。おママに飲ませてみたいんだが…サプリメントは結構高くてね。」と言うジジの一言に、私は腕組みをしました。「むむ…。イチョウ葉…。」 (2007年4月から5月頃 診断か…

レガシー

おママの作業机の脇に、貼り絵を収めたファイルが鎮座しています。 と言っても気の利いた棚があるわけでもなく、床に直接並べて立てているだけ。 しかし、19冊が並んでいるところは圧巻です。 (2017年1月24日 診断から約10年) 1冊およそ150…

貼り絵かな〜⁉️

気に入った写真や模様は手を加えずに、そのままハガキにベタっと貼ってしまう。 最近、時々見る手法ですが…。(笑) 貼り絵と言えるかどうか、少々疑問ではあります。 この日…。 この手法に、おママは少々手こずっておりました。 以前、雑誌で見かけたジュエ…

塩鯖ってなに?

午前中に実家に行く時、私は駅前のスーパーで、お昼のおかずを買います。 今日は塩鯖にしました。骨抜き処理済みのパックですって!高齢者にはありがたい事です。ジジもおママも鯖は好きだしね。 和菓子屋さんの包装紙から模様を切り抜いたようです。 (20…

納豆ココア

「最近、納豆にココアを振りかけて、それに三温糖を少し入れて食べているんだよ。」 怪訝な顔をする私を尻目に、ジジは得々と語るのです。「納豆のネバネバが少なくなって非常に食べ易い。朝はトーストに乗っけると美味しい!それにココアは認知機能の改善に…

叶わぬ望み

妻がアルツハイマー型認知症と診断された夫はどのように思うのでしょうか? ジジの場合、「なんとか元に戻って欲しい。治って欲しい。」と強く思ったそうです。 この思いは2007年1月末からずっと続き、2016年の夏頃でも、「今だって、治って欲しいと思ってる…

お湯が出ない‼️

寒い日の朝、2階にある台所の蛇口からお湯が出ませんでした。 レバーで水に切り替えれば水は出ます。しかし、湯を出そうとすると、何も出ません。1階の洗面の湯は出るのですから、給湯器より、水道管の問題でしょうか?どうしたもんだか!変だわ〜。 ジジは…

悩んでおります。

これは最近の貼り絵です。 なかなかカワイイ❣️ (2017年1月17日 診断から10年くらい) 一見単純なデザインです。しかし、制作途中を目撃したのですが、簡単ではなかったようです。 まず…。 切手みたいな図案が印刷されている紙(包装紙かしら?)か…

ポイントにつられて。

最近、ジジは古い携帯が壊れて機種変更しました。 1人で店に行き、やりおおせた事はすごい事だと思います。 勿論、89歳ですから、ガラケーからガラケーの機種変更ですよ。 (2017年1月14日 診断から約10年くらい) 支払いは今までもその電話会社の…

仮どめ

昨日作りかけていた貼り絵はどうなったかしら? 実家行き、最新のファイルを開くと入っていません。 あらっ?昨日やっていた貼り絵は何処かしら? おママに言っても意味ないとは知りつつも、つい口にしてしまう私。 でも、おママの行動パターンが少し分かる…

意欲的❗️

これは、ついこないだの土曜日のお話。 オネコが実家に行ってみると、おママは手持ちの紙を整理していたそうな。 どうも、貼り絵の材料になりそうな紙を物色中。それでオネコが声を掛けてのぞいたら、自らファイルを出してきて、「こんなの作ったわっ!」と…

ガウディの午後

これは去年2016年の秋の事です。 (2016年10年17日 診断から約9年8ヶ月) その日、午前中は結構な雨でした。窓際のおママの作業机もどんよりと暗い。そのせいか、この日は机に向かう気配はありませんでした。 貼り絵はお休みなのね。 なのにフ…

お気に入り

先週の事です。(2017年1月13日) (2017年1月13日 診断から約1年) 昼前に、おママはうきうきしてます。 完成した貼り絵の裏に日付を書き入れていました。 アルツハイマーのおママには、 その日が何月何日かという問題は、とても難しいのです…

ジジの受難 3 (2007年3月)

アリセプト5mgにしてから10日以上経っても、おママは夜眠れませんでした。 (2007年3月) 夜中にごそかごそ起きだして、何かを必死に書いていたそうです。覚えているうちに、メモをしておこうと思ったのでしょうか? お陰でジジは眠りが浅くなり、仕…

ジジの受難 2(2007年2月)

おママが手紙を読んだからと言って、ジジの受難は終わりませんでした。 丁度、叔母や女学校時代のお友達との会食会も近く、おママの緊張は高まっていたと思います。 その日の明け方には、 「頭がいたい!私の事を言い触らしているんでしょう!行かないし、薬…

ジジの受難 1(2007年2月)

「あの頃は大変だったよ。」 10年経った今でも、ジジは2007年の2月から3月を振り返って言います。 (2007年2月〜3月頃) 初診から3週間後、アリセプト5mgを処方されて服用すると、なんだかおママの雲行きが怪しくなってきました。 新たに処方された…

とにかく貼り絵を…。(2007年2月)

また、10年前の診断直後の話になりますが…。 (2007年2月 診断直後) 初診でアリセプト3mgを3週間処方されたおママは、目立った影響もなく服用しておりました。これには私達も胸を撫で下ろしました。 しかし、おママ自身は当時の短い日記に『イライラす…

おつゆを作ったのは私。

今日は最近のおママのお話です。 (2017年1月10日 診断から約10年) 2017年になって、 このところ熱心に机に向かうおママです。 貼り絵にしたい紙が見つかったのか?糊を昔ながらのヤマト糊にしたのが良かったのか?余人には分かりません。(笑…

アリセプトとおママ

おママの場合…。 これは1つの例に過ぎません。 そして、個人差のある事で、他の方の参考にはならないかも知れません。 (2007年1月〜2月 診断の頃) お試し3mgの時はあまり問題も無く、5mgにしたら少し不調を訴えました。 「頭が痛い。気分が悪い。」…

アリセプト

お身内にアルツハイマーの御家族のいらっしゃる方とお話をしますと、必ずお薬の事になります。 「アリセプトのんでるの?」 合わない患者さんも多いようです。 (2007年1月頃 診断の頃) 代表的な副作用は、食欲不振、胸のむかつき、嘔吐。そして、活発…

浪もよう

明日から列島は寒波に覆われるようですが、皆様お風邪など引いていらっしゃいませんか? 年明けから、お陰様でジジもおママも元気に過ごしております。 ジジは最近89歳になりました。 転ばないように、怪我しないように、気を付けて暮らしております。 (2…

10年後の今

それから約10年経ちました。 現在、おママは自分の家で暮らしています。 この10年、貼り絵は精力的に取り組みました。いつも自ら机に向う姿がありました。2016年12月から急激に枚数が減ってしまいました。 しかし、2017年になってから今日までに…

おママの思いは…。

私は今でも、この当時のおママはアルツハイマーの初期だったと考えています。 なぜなら、この時期のおママは自分のすべての行動を忘れたわけではありませんでした。 この日、おママはどう感じたのでしょうか?どう受け入れたのでしょうか? 最近、私はこの事…

診断の日 2

この後、先生は幾つかお話をされました。 アリセプトが処方される事とその説明。進行の度合いは個人差がある事。家族がこの病気の知識を持って接する方が、暮らしの質は良くなるなどをお話されました。 「母は手先を使う仕事が好きです。雑誌の写真や包装紙…

診断の日 1

2007年1月下旬、私達4人は再び「物忘れ外来」の診察室に居ました。まな板の鯉みたいに、オネコと私は冷静でした。ただ、おママがどこまで自分の事として認識していたかは分かりません。 そして、ジジはというと…。恐らく認知症とは思いながらも、そう…

診断まで おママの場合 12

2007年1月10日、私達は東京医大の物忘れ外来に行きました。 私としてはようやくたどり着いた!という思いもありますが...。 ジジもオネコも私も極力呑気な顔をしていました。 だって、納得したとはいえ、一番不安なのはおママですもの。 (2006年…

診断まで おママの場合 その11

話して説得しても、おママはじきに忘れてしまいます。 それを繰り返しても堂々巡りです。おママはその都度機嫌を損ね、私達は心身ともに疲労して行くだけです。 「何度も読み返せるように手紙を書こう!」 この年2006年の暮、オネコは東京医大の「物忘れ外来…

診断まで おママの場合 その10

(2006年後半から2007年初め頃 ) さて、おママをどうやって受診させたら良いかしら? オネコは調べ物が得意です。認知症についての本を読み、私にも薦めてくれました。基礎知識は大切ですから。 受診先は肺ガンの手術をした東京医大にしました。「物…

消防出初式‼️

仕事始めと思いきや、また、連休ですね。 皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか? (2017年1月6日 診断から約10年) 2017年1月6日、午前11時からNHKで消防出初式を生放送!このところ、あまりテレビに関心を示さないおママですが、珍しく…

診断まで おママの場合 その9

袋田の滝の事は結構こたえました。 オネコやわたしだけでなく、ジジも認識を改めました。 この頃、おママは2ヶ月に1度のペースで女学校時代のお友達と集まり、お食事会をしていました。 場所は私達の叔母の家です。 実は、おママはお友達のお兄さんと結婚し…

診断まで おママの場合 その8

お正月でちょっとお休みしておりましたが、 おママが「物忘れ外来」の診察室の扉をたたくまでのお話を再開しますね。 (2007年 1月 診断の頃) しかし、ジジの認識を変える事件が起きてしまいました。 この年、2006年11月にジジとおママは茨城県の袋田の…

謹賀新年

明けましておめでとう御座います。 2017年も皆様にとって素晴らしい一年になりますように。 そして、ジジとおママが今年も元気に過ごせますように。 おママもお陰様で穏やかな新年を迎えることができました。 (2016年12月17日) この貼り絵はカ…

2016年のおわりに…今。

このところ10年前の診断までの事を連続してUPしておりますが、今日は今現在のお話です。 ブログの最初にお話し致しましたが、診断から10年を目前にして、おママの認知症は急に進行しているようなのです。 12月に入って、貼り絵をあまりしなくなってし…

診断まで おママの場合 その7

深刻な状況になる前に、老年科や物忘れ外来に連れて行った方が良いのではないか? 「進行を遅らす薬を飲ませたい」 まだ70代の初めなのだ。先があるのだから。 私は強くそう思いました。しかし、おママの認知症を確信しながら、あれこれ調べているオネコに…

診断まで おママの場合 その6

オネコの話を聞いて、私も胸がざわつきました。 折しも夏休み。小学生だった娘のアズキが実家にお泊りに行きます。 私は因果を含めて送り出しました。 「おばあちゃんが自分のやった事を忘れたらね、後で教えてね。」 アズキは目端の利く子なので、ちゃんと…

診断まで おママの場合 その5

(2006年頃 診断前) オネコ夫婦がハワイ旅行をして、実家にお土産を持って行った時の事です。 楽しいハワイの話で盛り上がり、おママはとても嬉しかったようです。そして、自分がハワイに行った時に買った大きくてキレイなキャンドルを出してきて、 「…

おママの場合 その4

2005年は懐疑的になりながらも、平穏に過ぎて行きました。 娘達としては、離れて暮らす親の状態を良いように考えたいものです。 夫としては、なかなか認めたくないものです。 わりと人は自分の都合の良いように認識してしまいがちです。 私は認知症関連のテ…

診断まで おママの場合 その3

バスタオルの攻防戦は3週間ほど続きましたが、これもあっさり終わりました。恐らく、ジジがバスタオルを使い始めたからだと思います。 これらは2005年、肺ガンの手術から1年後の事ですが、それ以前も兆候はありました。 (2006年頃の作品 診断前) 例…

診断まで おママの場合 その2

このクラフトパンチの件は1ヶ月ほどで沙汰止みとなりました。 おママからの電話が無くなったのです。 ようやく分かってくれたんだ。そう胸を撫で下ろしました。 しかし今思えば、おママは納得したというより、この件では憑き物が落ちたような感じだったので…

診断まで おママの場合 その1

おママは2004年の秋に初期の肺ガンが見つかり、手術しました。 それ以前から物忘れはあったのですが、これを機にどんどん酷くなっていきました。因果関係は分かりません。 (2006年頃 診断前) この頃、おママは可愛らしい図形が型抜けるクラフトパンチに…

道のり

おママはこの貼り絵を突然始めたわけではありません。手先が器用なおママは、常に趣味の域を超える取り組みをしていました。 40代で始めたレザークラフトカービングはとても上手でした。50代からは皮による本の装丁を習いました。 その流れで、ヨーロッ…

おママの貼り絵

貼り絵は日本橋の小津和紙から購入している和紙のハガキを土台として使っています。 初期はクラフトパンチで型抜きしたパーツを好んで貼っていました。身近な雑誌の写真や包装紙、チョコレートの包み紙を上手く貼り合わせています。 最近はだだハサミで切っ…

私たち

(2016年11月10日の作品 診断から9年10か月) そうだ…、私たちの事を紹介していませんでしたね。 私はチャーコと申します。50代前半で、既婚です。平日は実家で父(ジジ)の仕事を手伝っております。 1人娘のアズキ(20代前半)はパソコン神経が発達し…

アルツハイマーの初期に…

(2016年11月3日の作品 診断から9年10ヶ月) 「母はアルツハイマーなんです」 私がそう言うと、得も言われぬ微妙な表情をされる方もいらっしゃいます。 家の恥を表沙汰にするなんて!という感じでしょうか。 ところが、最近は 「初めはどんな感じなの〜?」…

はじめまして。

おママがアルツハイマーと診断されてから何年経ったかしら。 2007年の2月だから、もうすぐ10年になります。 あの頃はジジ(私の父、そしておママの夫)もオネコ(私の姉)も私も悲しかった。 そして、今後を想像して重い覚悟をしました。 あれから10年、おママ…